教授
信濃 孝一/SHINANO Koichi
実務家(裁判官)

信濃 孝一 顔写真

主な担当科目

法科大学院:実務民事法、民事・行政裁判演習、民事法発展演習

学生へのメッセージ

法科大学院では、受け身でではなく、主体的かつ積極的に学び、習得する姿勢が大切です。

研究業績等に関する事項

[著書]
1.フランス法における重複填補の調整システム--社会保障の求償訴訟をめぐる理論と実務を中心として(昭和58年2月)(法曹時報)(35巻2号1〜71頁)
2.仮処分訴訟の新たな展開--簡易訴訟としての仮払レフェレ(昭和62年6月)(法曹時報)(39巻6号19〜69頁)
3.印影と私文書の真正の推定(昭和62年9月)(判例時報)(1242号12〜24頁)
4.労災保険給付の控除と過失相殺(昭和63年10月)(判例タイムズ)(671号4〜18頁)
5.登記抹消請求と登記の推定力(平成元年4月)(判例時報)(1302号8〜12頁、1305号11〜16頁)
6.座談会方式による私的鑑定人の尋問--専門訴訟の証拠調べにおける新たな試み(平成15年12月)(判例タイムズ)(1131号4頁〜)(共著)
7.文書の真正と証拠価値(平成24年9月)(日本評論社)(実務民事訴訟講座{第3期}第4巻民事証拠法 249〜266頁)(共著)
8.不実登記の是正についての覚書--共同相続人の一人から不実登記の名義人に対する更正登記手続請求をめぐって(平成25年6月)(法学(東北大学))(法学77巻3号1〜24頁)

[コンメンタール]
1.鑑定(平成24年3月)(日本評論社)(基本法コンメンタール民事訴訟法2{第三版追補版}218〜226頁)