今年度の研究会の活動

 第1回民法研究会

日時 4月18日(木) 午後3時 
場所 東北大学 法学部棟 3階 大会議室
報告者 柳迫 周平氏(神戸大学大学院・博士後期課程)
報告内容 研究報告 「法的父子関係確定における意思の位置づけに関する一考察 フランス親子法の近時の動向を参考として」
参考文献
・鈴木禄弥「実親子関係の存否につき,血縁という要素は絶対的なものか」幾代通ほか編『民法の基礎知識』(有斐閣,1964)170頁

・水野紀子「性同一性障害者の婚姻による嫡出推定」松浦好治ほか編『市民法の新たな挑戦―加賀山茂先生還暦記念』(信山社出版,2013)601頁(http://www.law.tohoku.ac.jp/~parenoir/sei-douitsusei.pdf)

・木村敦子「任意認知者による認知無効の取消し」法時87巻11号(2015)71頁

 

第2回民法研究会

日時 5月23日(木) 午後3時 
場所 東北大学 法学部棟 3階 大会議室
報告者 池田 悠太氏(東北大学)
報告内容 研究報告

「事実的基礎としての意思とその法的構成——レイモン・サレイユ民法学における法学的なもの——」
参考文献
・沖野眞已「契約の解釈に関する一考察(1)-(3)」法学協会雑誌109巻2号・4号・8号(1992年)(特に「(3)」1266-1290頁)
・石川健治『自由と特権の距離〔増補版〕』(日本評論社,2007年)(特に90-102頁・183-191頁)
・大村敦志『20世紀フランス民法学から』(東京大学出版会,2009年)(特に1-99頁)
・大村敦志=小粥太郎『民法学を語る』(有斐閣,2015年)(特に6-10頁・14-20頁)
・池田悠太「設問としての『契約の解釈』」東京大学法科大学院ローレビュー11巻(2016年)(http://www.sllr.j.u-tokyo.ac.jp/11/papers/v11part03(ikeda).pdf)(特に13-29頁・29-34頁)
・池田悠太「最高裁判所民事判例研究 特例財団法人の定款変更の限界(最高裁平成27年12月8日第三小法廷判決)」法学協会雑誌134巻10号(2017年)

 

第3回民法研究会

日時 6月20日(木) 午後3時 
場所 東北大学 法学部棟 3階 大会議室
報告者 石綿 はる美氏(東北大学)
報告内容 研究報告

「家族による財産管理とその制約―フランスの家族権限付与(habilitaion familiale)を中心に―」
参考文献
・竹中智香「裁判上の授権と裁判による代理と事務管理 – フランス民法における夫婦間財産の取扱い(2)」駒澤法学 1(3), 21-41, 2002-03
http://repo.komazawa-u.ac.jp/opac/repository/all/16911/KJ00000052622.pdf

 

第4回民法研究会

日時 7月25日(木) 午後3時 
場所 東北大学 法学部棟 3階 大会議室
報告者 関 俊彦氏(東北大学名誉教授)
報告内容 報告テーマ

「有責配偶者の離婚請求」
報告要旨
民法770条の解釈論としては消極的破綻主義を正当と考える。今まで論じられていない根拠として、①憲法24条2項による被告の尊厳の保護、②1987年の最高裁の三要件判決以降生じている、ハラスメントに敏感な社会の登場がある。しかし、消極説によっても有責配偶者の離婚請求が全く認容されないことはない。原告は有責性を軽減・解消する言動をとることによって無責者対無責者の争いに持ち込めば、5号によって判断される段階になるから、積極的破綻主義が強調するような離婚の自由が認められて離婚が認容される可能性がある。原告は「踏んだり蹴ったりしておりません。踏んだりしましたが、その後始末はしましたので蹴ったりさせてください」と主張することになる。