東北大学大学院法学研究科・法学部の現在

東北大学大学院法学研究科長・法学部長
平田 武

平田武 写真  東北大学法学部の前身は、当時の東北帝国大学に大正11年(1922)年に設置された法文学部にさかのぼります。昭和22(1947)年に新制東北大学が発足した後の昭和24(1949)年に、経済学部・文学部と分かれて、独立した法学部が誕生しました。

 法学・政治学は、個人間から地域社会や国家、さらには国際社会に至る様々なレベルにおいて生起する諸問題を発見・分析し、そこから生じる利害の衝突を未然に防止するとともに、発生した紛争を解決することを目指す学問体系です。そして、こうした法学・政治学的素養を身に付けていく知的営みを下から支えるのは、正義感覚を磨き、幅広い視野から物事を観察・批判しようとする日常の姿勢であるといえます。東北大学法学部は、伝統的にこうした法学・政治学的素養を身に付けた「法政ジェネラリスト」を養成し、卒業生たちは社会の幅広い分野で活躍しています。

 一方、東北大学法学部は、こうした歴史と伝統を受け継ぎつつも、社会の変化や新しいニーズに対応した改革を常に重ねてきました。学部教育においては、法や政治の歴史的・思想的・社会的背景を学ぶ基礎講義を踏まえて、選択の自由度の高い基幹講義と展開講義を配して、法学・政治学の根幹的部分から、より深い理解と豊かな知見を得るための先端的・学際的内容までを順次学ぶとともに、多彩な演習科目を開設して少人数教育を通じた研鑚を目指しています。また、大学院についても、主として理論的観点からの学術的研究を行う研究大学院のほか、平成16(2004)年には、理論的研究と法律実務・政策実務との架橋を目指す法科大学院と公共政策大学院とを設置し、社会の各方面で「プロフェッショナル」として活躍するための学びの場を提供しています。

 東北大学法学部と研究大学院のある川内南キャンパスは、仙台駅の西、広瀬川の清流を渡ってしばらく進んだ高台に位置しています。ここは、仙台城二の丸跡地であり、付近には、東北大学付属植物園、仙台城址、仙台国際センター、仙台市博物館、宮城県美術館などが点在する緑豊かな文教地区です。川内キャンパスでは、近年、1・2年次の全学教育科目の授業が行われる川内北キャンパスの整備が完了し、また、法学部の専門教育科目の授業が行われる川内南キャンパスでは、今年、平成27(2015)年に新講義棟が完成して4月からの新入生たちを迎えます。また、同年末には、仙台駅を中心にほぼ東西に走る仙台市地下鉄東西線が開業する予定で、川内北キャンパスの北側に駅が設けられて、キャンパス・ライフの利便性はますます高まるものと期待されています。一方、街中の片平キャンパスにある法科大学院・公共政策大学院の授業が行われるエクステンション教育研究棟は、片平キャンパスの新たなランドマークとなる建物です。

 平成23(2011)年3月11日に発生した東日本大震災から4年の月日が経過しました。今では、キャンパス・ライフも平穏に営まれ、震災の前と変わらぬように授業が行われています。しかしながら、東北大学大学院法学研究科・法学部、そしてひとりひとりの学生と教職員の現在は、東日本大震災の後、世界中から寄せられた物心両面にわたる暖かい支援に負うものであることを、私たちは忘れてはならないでしょう。

2015年4月1日