東北大学大学院法学研究科・法学部の沿革

写真 現在の東北大学法学研究科・法学部の前身は、東京帝国大学・京都帝国大学につづく第3の帝国大学である東北帝国大学法文学部として、大正11(1922)年に設置されました。昭和22(1947)年に東北帝国大学が新制大学に切り替わり、昭和24(1949)年に法文学部が法学部・文学部・経済学部に分立したことにより、東北大学法学部が誕生しました。この間の沿革を現在に至るまでまとめると以下の通りです。

明. 40(1907). 東北帝国大学創立
大. 11(1922). 法学部の前身法文学部設置(8講座)
法学関係:憲法学1,民法学1
大. 12(1923). 授業開始
大. 13(1924). 15講座増設
法学関係:民法学2,国際法学1,刑法学1,政治学1,法理学1,法史学1
大. 14(1925). 12講座増設
法学関係:商法学1,社会法論1
昭. 3(1928). 法律相談所発足
昭. 7(1932). 機関誌「法学」創刊
昭. 9(1934). 法文学部規定を改め法・文・経三科分立
昭. 15(1940). 12 日本固有法論講座増設
昭. 22(1947). 10 東北帝国大学は東北大学となる
昭. 24(1949). 民事訴訟法講座増設


法文学部は法学部・文学部・経済学部に分立
法学部法律学科16講座設置
憲法学1,行政法学1,国家原論1,政治学1,法史学1,国際法学1,刑法学1,法理学1,民法学3,民事訴訟法1,商法学2,社会法論1,日本固有法論1


東北法学会設立
昭. 25(1950). 12 法学部法律学科を法学部法学科に改称
昭. 27(1952). 刑事訴訟法講座増設


第一回模擬裁判公演
昭. 28(1953). 大学院法学研究科設置(私法学・公法学・基礎法学専攻)
昭. 29(1954). 国際私法講座増設


法学部18講座が定められた(文部省令第23号)
昭. 39(1963). 学科及び講座が定められた(文部省令第3号)
法学科18講座
昭. 43(1968). 英米法講座、国際政治学講座増設
昭. 44(1969). 比較外国憲法、政治学史講座増設
昭. 45(1970). 破産法、強制執行法講座増設
昭. 47(1972). 大学院政治学専攻設置
昭. 48(1973). 全学の移転統合計画の実施に伴い片平地区から川内地区に移転
昭. 49(1974). 行政法第二講座増設
昭. 52(1977). 刑事学講座増設
昭. 53(1978). 国際政治学講座実験講座化


法政資料調査室設置
平. 3(1991). 行政学講座増設
平. 5(1993). 経済法講座増設
平. 7(1995). 大学院に社会人向け「リカレント・スタディーズ・コース」を導入
平. 12(2000). 大学院重点化による大講座化・法学研究科改組(総合法制・公共法政策・トランスナショナル法政策専攻)
平. 15(2003). 東北大学21世紀COEプログラム「男女共同参画社会の法と政策」の開始(平.19(2007).3終了)
平. 16(2004). 国立大学の法人化により、「国立大学法人東北大学」となる


大学院を、法科大学院(総合法制専攻)、公共政策大学院(公共法政策専攻)、研究大学院(トランスナショナル法政策専攻)に再編成
平. 18(2006). 「トランスナショナル法政策専攻」を「法政理論研究専攻」に改称
平. 20(2008). 東北大学グローバルCOEプログラム「グローバル時代の男女共同参画と多文化共生」の開始(平.25(2013).3終了)

このページの先頭へ