概要

ごあいさつ

東北大学法科大学院へようこそ

中原 茂樹
法科大学院長
中原 茂樹

 法律学は、多様な人々が共に生き、幸せに暮らしていけるために、人類が生み出してきた「知恵」の結晶です。法曹をめぐる環境は激しく変化していますが、法律を使う専門職が社会にとって必要不可欠であることに変わりはなく、そのような仕事に興味とやりがいを感じる人々にとっては、今後も魅力的な職業であり続けるでしょう。そして、東北大学法科大学院は、そのような「知恵」がぎっしり詰まった「宝庫」です。法律学に興味を持ち、法曹を志すみなさんは、ぜひ、この宝庫を活用して、先人たちが生み出し、蓄積してきた「知恵」を、自分のものにしてください。
 東北大学法科大学院では、より多くのみなさんに本学で学んでいただけるよう、さまざまな改革に取り組んでいます。従来、秋のみに実施していた入学試験を夏にも実施し、本学にチャレンジしていただける機会を増やすとともに、同一年度に本学に再チャレンジされる方については、2回目以降の検定料納付を不要としました。また、入学試験の上位合格者については、入学料および初年度授業料に相当する額の奨学金を給付することとしました。さらに、学部3年次生特別選抜を導入し、学部入学から最短5年間で法科大学院を修了できる道筋を示すとともに、東北大学法学部に設置される法曹志望コースとも連携を図っていきます。他方、法学未修者については、多様な知識・経験を有するみなさんに法曹を目指していただけるよう、社会人・他学部卒業者特別選抜を導入するとともに、長期履修制度の活用により、1年間の授業内容を(1年分の授業料で)2年間じっくり時間をかけて計画的に学ぶことも可能としました。これらの取組みによって、法曹になるまでの経済的・時間的負担を可能な限り和らげるとともに、多様な選択肢を用意し、より多くのみなさんに法曹を目指していただきたいと考えています。
 研究者教員と実務家教員が協力し、徹底した少人数教育によって、私たちは、全力でみなさんを応援していきます。一緒に頑張りましょう。

△ このページの先頭へ