Internet Legal Research & Writing 2004 練習問題

担当:芹澤英明(英米法・トランスナショナル情報法)

[初出 2004/5/25]
このファイルの最終更新時刻: Monday, 30-Oct-2006 17:03:58 JST

 

このページは、東北大学大学院法学研究科で2004年度前期に開講される演習 (Internet Legal Research & Writing 2004(ILRW 2004))の問題教材です。 演習の受講者は、この教材に出ている問題課題に取り組み、 コンピュータ上で解答を作成した上、それを印刷して提出してください。 成績評価は、出席と、問題(最終問題まで)の解答内容の評価によって行われます。




[練習問題1]
次に掲げるインターネット上のウエブサイトを使い、 合衆国最高裁2003年-2004年開廷期に係属している 次の2つの事件について調査した上で、これらの連邦 下級審裁判所の判決のcitationを調べなさい。

「これは、いずれも、敵国戦闘員(enemy combatant)として、刑事手続き上の被疑者被告人の権利を奪われたまま長期間拘禁が続いている者が、連邦人身保護令状(habeas corpus)の発給を求めて連邦裁判所に訴えた事例です。

(1)アメリカ国籍を持つYaser Hamdiは、タリバンの戦士としてアフガニスタンで 捕虜となったあと、グアンタナモベイ基地で拘禁されていたが、現在は、弁護士に対 する接見も認められない状態で、Virginia州内に拘禁されている。
(2)アメリカ国籍を持つJose Padillaは、アルカイダと協力してアメリカ国内で 爆弾をしかけようとしたという嫌疑で、シカゴで逮捕され、現在はNew York州内 に拘禁されている。」

  1. FindLaw News [news.findlaw.com]
  2. C-Span [www.c-span.org]
  3. American Civil Liberties Union [www.aclu.org]
  4. アメリカ合衆国最高裁 [www.supremecourtus.gov]






[最終課題]
自分の専門分野で、判例ないし論文を一件、LEXISデータベースから選び、 それを紹介してください。 関連文献や判例について脚注をつけ、自分のコメントを付けて、 小論文の形にすること。
[参考]判例紹介の書き方の一例
Bryan A.Garner, Legal Writing in Plain English (2001)より
[press-pubs.uchicago.edu]

 

 

 







参考文献

  1. The Bluebook (17th ed. 2000) A112.218[法XVC.BL.1]
  2. 『BASIC英米法辞典』246-頁(田中英夫編集代表 1993)
  3. 「特集:情報技術革新と法科大学院教育」法律時報 74巻3号4-60頁(2002)

ILRW2004 リンク集

    LexisNexisマニュアル関係
  1. オンラインマニュアル・リファレンス資料(日本版) [www.ln-academic.jp]
  2. Tutorials
  3. Reference
  4. Shepard's
  5. Students Home [www.lexisnexis.com]


    その他
  6. The Virtual Chase:Legal Research Guide [www.virtualchase.com]
  7. Cornel Law Library [www.lawschool.cornell.edu]
  8. Research Guides(Harvard Law School Library) [www.law.harvard.edu]
  9. Georgetown University Law Center Guide [www.ll.georgetown.edu]
  10. Zimmerman's Research Guide [www.ilrx.com]
  11. Introduction to Basic Legal Citation (2002-2003 ed.) by Peter W. Martin (Cornell Law School)[www.law.cornell.edu]--- Bluebook(17th ed. 2000)に 依拠
  12. Legal Scholarship Network(Social Science Research Network) [www.ssrn.com]
    Abstract Search [papers.ssrn.com]
  13. Bryan A.Garner, Legal Writing in Plain English (2001) [press-pubs.uchicago.edu]
  14. Legal Writing Institute [www.lwionline.org]
  15. ABA Legal Technology Resource Center [www.lawtechnology.org]
  16. 法律用語和英辞典 [ftp.monash.edu.au]
    [著作権表示及び説明]


  17. Internet Legal Research & Writing 2003(2003年度演習のページ)
  18. Internet Legal Research & Writing 2002(2002年度演習のページ)
  19. Internet Legal Research & Writing 2001(2001年度演習のページ)
  20. Internet Legal Research & Writing 2000(2000年度演習のページ)
  21. 1998年度演習:法学者による検索のページ
  22. 東北大学法学部アメリカ法 のページ
  23. 東北大学法学部ヨーロッパ法 のページ
  24. 東北大学法学部国際法 のページ

  25. 金谷吉成「リーガルリサーチ」ページ [www.law.tohoku.ac.jp]
  26. 東北大学図書館「東北大学生のための情報探索の基礎知識 2004」 [www.library.tohoku.ac.jp]
  27. 「法律文献等の出典の表示方法」 [no10.jp]
    [www.law.kobe-u.ac.jp]

 

芹澤英明:英米法の部屋に戻る

 

 



Copyright (c) 2004 by Hideaki Serizawa All Rights Reserved.

芹澤英明(Hideaki Serizawa)
serizawa @ law.tohoku.ac.jp