合衆国憲法第5修正 (1791)



Amendment V [Grand Jury, Double Jeopardy, Self-Incrimination, Due Process (1791)]

No person shall be held to answer for a capital, or otherwise infamous crime, unless on a presentment or indictment of a grand jury, except in cases arising in the land or naval forces, or in the militia, when in actual service in time of war or public danger; nor shall any person be subject for the same offense to be twice put in jeopardy of life or limb; nor shall be compelled in any criminal case to be a witness against himself, nor be deprived of life, liberty, or property, without due process of law; nor shall private property be taken for public use, without just compensation.

第5修正 [大陪審の保障、二重の危険、デュー・プロセスおよび財産権の保障 (1791)]

何ぴとも、大陪審による告発または正式起訴によるのでなければ、死刑を科しう る罪その他破廉恥罪につき公訴を提起されることはない:ただし、陸海軍または 戦時もしくは公共の危険にさいして現に軍務に服している民兵において発生した 事件については、この限りではない;何ぴとも、同一の犯罪について重ねて生命 または身体の危険にさらされることはない;何ぴとも、刑事事件において自己に 不利な証人となることを強制されることはなく、また法の適正な過程によらずに、 生命、自由または財産を奪われることはない;何ぴとも、正当な補償なしに、私 有財産を公共の用のために収用されることはない。



参照
田中英夫編集代表『BASIC英米法辞典』212-245頁(1993)

Copyright (c) 2002 by Hideaki Serizawa All Rights Reserved.
芹澤英明
serizawa @ law.tohoku.ac.jp