2004年度 東北大学法学部比較法社会論のページ「模擬裁判 Goodridge v. Dep't of Pub. Health 」
[判例一覧・参考文献・リンク一覧]

このページは、2004年度前期 東北大学法学部「比較法社会論」に連動したページです。

この授業では、Massachusetts州において同性婚を認めなないことが、 同州憲法の平等保護条項(Equal Protection Clause) やデュープロセス条項(Due Process Clause)に違反しているゆえに違憲とされ た事例 を取り上げます。( Opinions of the Justices to the Senate, 440 Mass. 1201, 802 N.E.2d 565 (2004))

このMassachusetts州最高裁で出された一連の判決 では、立法府が、同性の者の間での婚姻を法的に認めないことは、 違憲であるという判断が下されました。 すでに、アメリカ合衆国では各地で、同性愛者の間の婚姻を認めるべきか否かに ついて、多くの議論がなされていますが、この授業は、 それらをふまえた上で、 現在のアメリカ法理論がどのような判断枠組の中でこ の問題に対処しているかについて分析を行うことを目的としています。

参加者は、原告側・被告側チームに分かれ、それぞれの立場から、 主要な判例を検討するとともに、 模擬裁判形式で法律論を戦わせ、実際にアメリカ法の説得的な解釈論を展 開することが法律家にとってどのような意味を持っているかを体験的に学びます。

最後に、参加者は、各自、判決形式で法律論を文書にまとめ、 論文として提出します。

授業進行予定




争点整理

次の各々の争点について、この判例の多数意見と少数意見のとっている見解を対 比しながらまとめなさい。
  1. Massachusetts州「婚姻(civil marriage)法」の目的、意義、機能について。
  2. Massachusetts州の「Civil Union法案」の立法目的、意義、機能の評価について。
  3. Massachusetts州憲法上の、平等保護/デュープロセスの法理の 解釈について。
  4. 違憲審査における合理性の基準(rational basis standard)の本法案に対す る適用について。
  5. 他の州法、連邦法が同性の者の間の婚姻の効力 を認めないことの、Massachusetts州における評価について。



最終課題(レポート試験)発表

「比較法社会論」受講者の方へ
2004年7月16日(金)
2004年度前期法学部科目「比較法社会論」最終課題(レポート試験問題)のお知 らせ
次の要領にしたがい、最終課題(レポート)を提出してください。 なお、このレポート試験に対する解答を提出しないと、比較法社会論の単位を 取得することができませんので、受講者は必ず提出するようにしてください。
●レポート提出期間:2004年 7月26日(月)〜8月2日(月) (締切厳守)
●提出先: 法学部教務係窓口
(必ず窓口で受領印を押してもらうこと。受領印のない答案はレポート として受けつけません。)
●用紙: A4 (必ず、学籍番号、名前を書くこと。)
●文字数:A4用紙2枚以上。(上限なし。)


●問題

講義でとりあげた判例、 Opinions of the Justices to the Senate, 440 Mass. 1201, 802 N.E.2d 565 (2004) を再読し、次の各争点について、 多数意見(違憲論)、反対意見(合憲論)を要約した上で、 「婚姻」が異性の者同士に限られ、同性の者には認められないことを法的にど う考えるべきかということについて、自分の考えを述べなさい。
1.Massachusetts州「婚姻(Civil Marriage)法」の目的、意義、機能について。
2.Massachusetts州の「Civil Union法案」の立法目的、意義、機能の評価につい て。
3.Massachusetts州憲法上の、平等保護/デュープロセスの法理の解釈について。
4違憲審査における合理性の基準(rational basis standard)の本法案に対する 適用について。
5.他の州法、連邦法が同性の者の間の婚姻の効力を認めないことの、 Massachusetts州における評価について。
以上。



この授業で検討される参考判例および参考文献一覧

授業参加者は各自、このページから、必要に応じて判例をダウンロードすること。 ここには、判例が依拠している主な先例や関連判例へのリンクを掲載していますので、 適宜参照してください。 参考文献についても随時掲載していきますので、興味のある人は、参照するよう にしてください。



  1. Opinions of the Justices to the Senate, 440 Mass. 1201, 802 N.E.2d 565 (2004) [州議会に対する勧告的意見]
    [判決原文(pdf)] [www.mass.gov]
    [判決原文(html)] [www.socialaw.com]

    [1]法廷意見(4名):
    [2]反対意見(3名)

  2. Goodridge v. Dep't of Pub. Health, 440 Mass. 309, 798 N.E.2d 941 (2003)[元の州最高裁判決]
    [判決原文(html)] [www.mass.gov]


[参考判例(アメリカ法)]
    [他の州裁判所の判例]
  1. Baker v. Nelson, 291Minn.310,191N.W.2d185(1971), appeal dism'd, 409U.S.810(1972)

  2. Baehr v. Lewin, 852 P.2d 44 (Haw. 1993)
  3. Baker v. State, 170Vt.194(1999)
    [原文][dol.state.vt.us]
  4. In re Estate of Gardiner, 42 P.3d 120 (Kan. 2002)

  5. Burns v. Burns, 560 S.E.2d 47 (Ga. Ct. App. 2002)
  6. Rosengarten v. Downes, 71Conn.App.372,802 A.2d 170, app'l granted, 261 Conn.936 (Conn. App.Ct.2002)

  7. Salucco v. Alldredge, 17Mass.L.Rep.498,2004MassSuper.LEXIS 82(March 19, 2004)

  8. Lockyer v. City and County of San Francisco, 33 Cal. 4th 1055,95 P.3d 459(2004)

    [連邦最高裁判例]
  9. Loving v. Virginia, 388U.S.1(1967)
    [原文(html)][laws.findlaw.com]
  10. Baker v. Nelson, 291Minn.310,191N.W.2d185(1971), appeal dism'd, 409U.S.810(1972)
  11. Zablocki v. Redhail, 434 U.S. 374(1978)
    [原文(html)][laws.findlaw.com]
  12. Bowers v. Hardwick, 478 U. S. 186(1986)
    [原文(html)][laws.findlaw.com]
  13. Romer v. Evans, 517 U.S.620(1996)
    [原文(html)] [laws.findlaw.com]
  14. Lawrence v. Texas, 539 U.S. 558(2003)
    [原文(pdf)] [www.supremecourtus.gov]


[参考文献]
  1. 田中英夫『英米法のことば』7-(1986)
  2. 田中英夫『英米法研究2デュープロセス』(1987)
  3. 田中英夫編集代表『BASIC英米法辞典』(1993)
  4. 松井茂記『アメリカ憲法入門』261-,285-(第5版 2004)
  5. 辻村みよ子・井上典之「第10講変容する市民像と家族像」井上典之・小山剛・ 山元一『憲法学説に聞く』162,170頁(2004)
  6. 大村敦志「家族法と公共性」長谷部恭男・金泰昌編『公共哲学12 法律から考える公共性』151-180(2004)
  7. 紙谷雅子「同性婚と州憲法」[Goodridge判決紹介][2004]アメリカ法278頁
  8. 織田有基子「同性婚の解消と「十分な信頼と信用」条項---シヴィル・ユニ オンの場合」ジュリスト1276号150頁(2004)
  9. Michael T. Morley, Richard Albert, Jennie L. Kneedler & Chrystiane Pereira, Develpments in Law and Policy;Emerging Issues in Family Law, 21 Yale L.& Pol'y Rev.169(2003)
  10. Developments in Law:III. Constitutional Constraints on Interstate Same-Sex Marriage Recognition, 116Harv L.Rev.2028(2003)
  11. Brandon Campbell,Comment, Cohabitation Agreements in Massachusetts: Wilcox v. Trautz Changes the Rules but Not the Results, 34 New Eng.L.Rev.485(2000)




法律用語集





参考リンク集





英米法のトップページに戻る





Copyright (c) 2004 by Hideaki Serizawa All Rights Reserved.
芹澤英明
serizawa @ law.tohoku.ac.jp