2002年度 英米法基礎演習のページ「模擬裁判 Bartnicki v. Vopper, 532 U.S.514(2001)」
[アメリカ合衆国最高裁主要参考判例(privacy/defamation)分析表]



次の図は、原告側(プライバシー権擁護派)チーム代表、佐藤智晶さん (東北大学法学部4年生) が作成した資料をもとに作られています。本判決に至るまで、合衆国最高裁が、 名誉毀損とプライバシー侵害について、第一修正の判例法理の中で どのように判断してきたかについてまとめたものです。

Bartnicki v. Vopper, 532 U.S.514(2001) は、「公共の関心事の基準(public concern test)」 によって、プライバシーの利益と表現の自由の調整を行っていますが、 そもそも、この基準は、どのような経緯によって出現してきたのでしょうか。 この図によると、名誉毀損とプライバシー侵害が問題になった憲法判例の一部で、 この基準が用いられてきたことが分かります。

この基準は、どのような事件類型のときに使われているのか、そして、 憲法判断の基準として、この基準の事実への当てはめは果たしてうまく機能していると 言えるのかどうか、この疑問に答えることが原告チームと被告チームが取り組まなければならない課題です。

[図:アメリカ合衆国最高裁主要参考判例分析表]


この図で使用されている略号は次のとおり。

判例名の先頭にある「/」印は、第一修正上の合憲判断、すなわち名誉毀損ない しプライバシー侵害が肯定された事例であることを示す。「/」印の無いものは、 違憲判決。

プライバシー侵害不法行為の類型: Restatement(Second) of Torts, §§652B - 652E(1977)の条文番号
§652B 物理的侵入(盗聴を含む)
§652C 経済的な利益の不正利用(publicity、肖像権侵害等)
§652D 私事の公知化
§652E 誤った印象


cd =compensatory damages(填補的損害賠償)
pd =punitive damages(懲罰的損害賠償)
criminal =刑事罰



「Privacy」と「Defamation」における合衆国ガッシュウコク連邦レンポウ最高サイコウ最高サイコウ裁判サイバンショ判例ハンレイ展開テンカイ
             
              Privacy侵害の諸類型    被害者ヒガイシャ言論ゲンロン対象タイショウ請求セイキュウ Defamation 留意点リュウイテン 憲法ケンポウ判断ハンダン
  652B 652C 652D 652E 私人/私事 私人シジン/コウコト 公人コウジン/私事シジ 公人コウジン/コウ      
New York v. Sullivan, 376U.S.254(1964).                     cd,pd   #actual malice    
                     
Time,Inc. v. Hill,385U.S.374(1967).               cd,pd          
Curtis Publishing Co. v.Butts & Assosiated Press v.Walker,388U.S.130(1967).               cd,pd #actual malice    
                       
Rosenbloom v.Metomedia,Inc.,403U.S.29(1971).               cd,pd     #actual malice Plurality  
                       
/Cantrell v.Forest City Publishing Co.,419U.S.245(1974).           cd,pd         Constitutional
/Gertz v. Robert Welch,Inc.,418U.S.323(1974).               cd        # fault   Constitutional
                       
Cox Broadcasting Co. v. Cohn,420U.S.469(1975).             cd          
                       
/Zacchini v. Scripps-Howard Broadcasting Co.,433U.S.562(1977).           cd                Constitutional
                       
Landmark Communications,Inc. v.Virginia,435U.S.839(1978).           criminal          
                       
Smith v.Daily Mail Publishing Co.,443U.S.97(1979).             criminal          
                       
/Harper & Row v.Nation Enterprises,471U.S.539(1985).                 cd              Constitutional
/Dun and Bradstreet,Inc.v.Greenmoss Builders,472U.S.749(1985).           cd,pd             # fault Plurality Constitutional
                       
Philadelphia Newspapers v.Hepps,475U.S.767(1986).               cd     # fault コウ原告ゲンコク立証リッショウ責任セキニン  
                       
Hustler Magagine v.Falwell,485U.S.46(1988).               cd,pd        
                       
Florida Star v.B.J.F.,491U.S.524(1989).               cd,pd          
                       
Bartnicki v.Vopper,512U.S.532(2001).             cd,pd,criminal          


[参考][日本の最高裁主要参考判例(プライバシー侵害/名誉毀損)分析表]へ

2002年度後期英米法基礎ゼミのページに戻る



Copyright (c) 2002 by Hideaki Serizawa All Rights Reserved.
芹澤英明
serizawa @ law.tohoku.ac.jp