2002年度 英米法基礎演習のページ「模擬裁判 Bartnicki v. Vopper」
[判例一覧・参考文献・リンク一覧]

このページは、2002年度後期 東北大学法学部英米法基礎ゼミに連動したページです。

この演習では、高等学校教員の労働争議に関連して何者かが携帯電話の会話を 盗聴録音した後、そのテープをラジオ局が盗聴者以外の者から取得して放送した ことが、 プライバシー権侵害に該当するとして損害賠償請求訴訟が提起された 事例を取り上げます。( Bartnicki v. Vopper , 532 U.S.514(2001))

現代社会では、情報化のいっそうの進展により、 表現の自由プライバシーとの相剋が、いよいよ深刻化してい ます。盗聴テープの報道を、プライバシーの侵害と見るか、それと も、表現の自由の正当な行使と考えるのか? それとも、この紛争は、二つの「権 利」の間の衝突対立として見るべきではなく、何らかの別の枠組の中で とらえ直すことにより、よりよい解決がなされると考えるべきなのか?

参加者は、原告側・被告側チームに分かれ、それぞれの立場から、 アメリカ合衆国最高裁の判例を再検討するとともに、 模擬裁判形式で法律論を戦わせ、実際にアメリカ法の説得的な解釈論を展 開することが法律家にとってどのような意味を持っているかを体験的に学びます。

最後に、原告側チームと被告側チームは、判決形式で法律論を文書にまとめ、 ゼミ論文として提出します。

演習進行予定




争点整理(11/7)

  1. 本件で問題になっている連邦制定法(18 U. S. C. §2511(1)) ・ペンシルヴェニア州制定法(18 Pa. Cons. Stat. §5725)をどう解 釈するか。
  2. アメリカ法において、通常の不法行為法におけるプライバシー侵害の要件・ 効果はどうなっているか?
  3. 原告のプライバシーの利益は、合衆国憲法上、どのように位置づけられる か?
  4. 最高裁の先例によると、本件に適用されるべき、合衆国憲法第1修正の 「表現の自由」を根拠とする違憲立法審査の基準は何か?
  5. 被告に対するサンクション(刑事罰、民事損害賠償、民事差止命令)によっ て結論は異なるか。
  6. 本判決における違憲立法審査の基準論は、将来、プライバシーと表現の自 由の間の関係が問題とされる他の事件の解決にどのように影響するか?(本判決 の射程論)
  7. 日本法で同じような事件が起こったとしたらどうなるか?



この演習で検討される参考判例および参考文献一覧

演習参加者は各自、このページから、判例をダウンロードすること。 ここには、判例が依拠している主な先例を掲載していますので、 最高裁の判例法理の流れをよく理解するように努めてください。 参考文献についても随時掲載していきますので、参照してください。

[図:アメリカ合衆国最高裁主要参考判例分析表]はこちらへ
[図:日本の最高裁主要参考判例分析表]はこちらへ

  1. Bartnicki v. Vopper , 532 U.S.514(2001)
    [判決原文(pdf)] [www.supremecourtus.gov]
    [判決原文(html)] [laws.findlaw.com]
    [1]法廷意見(6人): Stevens, O'Connor, Breyer, Kennedy, Souter, Ginsburg
    [2]同意意見(2人): O'Connor, Breyer
    [3]反対意見(3人): Rehnquist, Scalia, Thomas

    Bartnicki v. Vopper, 200 F.3d 109 (3d Cir. 1999)[本件の下級審判決]
    [判決原文] [laws.findlaw.com]

    [参考判例(アメリカ法)]
    [連邦最高裁判例]
  2. Florida Star v. B. J. F., 491 U. S. 524 (1989)
    [判決原文] [laws.findlaw.com]
    憲法訴訟研究会・芦部信喜編『アメリカ憲法判例』93頁(戸松秀典評釈)(1998)
  3. Hustler Magazine v. Falwell, 485U.S.46(1988)
    [判決原文] [laws.findlaw.com]
  4. Dun & Bradstreet, Inc. v. Greenmoss Builders, 472U.S.749(1985)[相 対多数意見]
    [判決原文] [laws.findlaw.com]
  5. Smith v. Daily Mail Publishing Co., 443 U. S. 97 (1979)
    [判決原文] [laws.findlaw.com]
  6. Hutchinson v.Proximire, 443U.S.111(1979)
    [判決原文] [laws.findlaw.com]
  7. Landmark Communications, Inc. v. Virginia, 435 U. S. 829 (1978)
    [判決原文] [laws.findlaw.com]
  8. Cox Broadcasting Corp. v. Cohn, 420U.S. 469(1975)
    [判決原文] [laws.findlaw.com]
    伊藤正己「紹介」 [1977]アメリカ法 264頁
  9. Cantrell v. Forest City Publishing Co., 419U.S.245(1974)
    [判決原文] [laws.findlaw.com]
  10. Gertz v. Robert Welch, Inc., 418 U.S. 323(1974)
    [判決原文] [laws.findlaw.com]
  11. New York Times Co. v. United States, 403 U. S. 713 (1971) (per curiam)
    [判決原文] [laws.findlaw.com]
    英米法判例百選[第三版] 22事件(戸松秀典評釈)
  12. Katz v. United States, 389 U. S. 347 (1967)
    [判決原文] [laws.findlaw.com]
    英米法判例百選I公法(第二版) 80事件(山中俊夫評釈)
  13. Time, Inc. v. Hill, 385 U.S. 374(1967)
    [判決原文] [laws.findlaw.com]
    英米法判例百選[第三版] 97事件(西川理恵子評釈)
  14. New York Times Co. v. Sullivan, 376 U. S. 254 (1964)
    [判決原文] [laws.findlaw.com]
    英米法判例百選[第三版] 24事件(堀部政男評釈)


[連邦控訴裁判所判例]
  1. Price v. Turner, 260 F.3d 1144(9th Cir. 2001)
  2. Boehner v. McDermott, 191 F.3d 463 (D.C. Cir. 1999), vacated, 532U.S. 1050(2001)
  3. Food Lion v. Capital Cities/ABC Holding Co., 194 F.3d 505(4th Cir. 1999)
  4. Walker v. Darby, 911 F.2d 1573(11th Cir. 1990)
  5. Dietemann v. Time, Inc., 449 F.2d 245(9th Cir. 1971)
  6. Pearson v. Dodd, 410 F.2d 701(D.C. Cir.), cert.denied, 395 U.S.947(1969)


[州裁判所判例]
  1. Uranga v. Federated Publs., 2001 Ida. LEXIS 71, 29 Media L. Rep. (BNA) 1961 (Idaho June 21, 2001)
  2. Sanders v. American Broadcasting Companies, 20 Cal. 4th 907, 978P.2d 67(Cal. 1999)
  3. Shulman v. Group W Productions, Inc., 18 Cal. 4th 200, 955P.2d 469(Cal. 1998)
  4. Boettger v Miklich, 633 A.2d 1146 (Pa.1993)
  5. Marks v. Bell Tel. Co., 460 Pa. 73,331 A.2d 424(Pa. 1975)
  6. Billings v. Atkinson, 489 S.W.2d 858(Tex. 1973)
  7. Melvin v. Reid, 112Cal.App.285, 297P.91(1931)伊藤正己評釈『英米法判 例百選II私法』18事件(第2版 1978)


[参考判例(日本法)]
  1. 平成14年9月24日 最高裁第三小法廷判決 平成13年(オ)第852号 損害賠償等請求事件(石に泳ぐ魚事件)


[参考文献]
  1. Leading Case: I. Constitutional Law, 115 Harv. L. Rev. 306 (2001)
  2. Paul Gewirtz, Privacy and Speech, 2001 Sup. Ct. Rev. 139
  3. Stephen Breyer, Madison Lecture:Our Democratic constitution, 77 N.Y.U.L.Rev. 245, 263-65(2002)
  4. Rodney A. Smolla, Information as Contraband: The First Amendment and Liability for Trafficking in Speech, 96 Nw. U.L.Rev.1099(2002)
  5. Richard A. Epstein, Privacy, Publication, and the First Amendment: The Dangers of First Amendment Exceptionalism, 52 Stan. L. Rev. 1003, 1004 (2000)
  6. Cynthia L.Estlund, Speech on Matters of Public Concern:The Perils of an Emerging First Amendment Category, 59Geo.Wash.L.Rev.1(1990)

  7. Restatement(Second) of Torts, §§652A - 652I(1977)
  8. Prosser and Keeton's Hornbook on Torts, Chap.20(5th ed. 1984)
  9. James A. Henderson, Jr., Richard N.Pearson & John A.Siliciano, The Torts Process, Chap.12 (5th ed. 1999)
  10. Daniel J.Solove, Conceptualizing Privacy, 90Cal.L.Rev.1087(2002)
  11. Andrew B. Sims, Food for the Lions:Excessive Damages for Newsgathering Torts and the Limitations of Current First Amendment Doctrines, 78B.U.L.Rev.507(1998)
  12. Jonathan B. Mintz, The Remains of Privacy's Disclosure Tort:An Exploration of the Private Domain, 55 Md.L.Rev. 425(1996)
  13. William G.Phelps, Construction and Application of 18 USCS§2511(1)(a) and (b), Providing Criminal Penalty for Intercepting, Endeavoring to Intercept, or Procuring Another to Intercept Wire, Oral, or Electronic Communication. 122 ALR Fed 597(1994)
  14. Randall P. Benzanson, The Right to Privacy Revisited:Privacy, News, and Social Change 1890-1990, 80Cal.L.Rev.1133(1992)
  15. Russell G. Donaldson, Construction and Application of State Statutes Authorizing Civil Cause of Action by Person Whose Wire or Oral Communication Is Intercepted, Disclosed, or Used in Violation of Statutes, 33A.L.R.4th 506(1984)

  16. 福島力洋、紹介、[2002]アメリカ法403頁
  17. 松井茂記『アメリカ憲法入門』142頁〜、171頁〜、203頁〜、263頁〜(有斐閣 第4版 2000)
  18. 松井茂記『インターネットの憲法学』204頁〜、279頁〜(岩波 2002)
  19. 松井茂記「アメリカ--プライヴァシー保護法制の展開」法律時報72巻10号26 頁(2000)
  20. 高橋和之「メディアの「特権」は"フリー"ではない--個人情報保護法案の正 確な理解に向けて」ジュリスト1230号52頁(2002)
  21. 高橋和之「個人情報の保護とメディアの特権」法律時報75巻2号85頁(2003)
  22. 山口いつ子「個人情報保護とメディアの自由」ジュリスト1222号93頁(2002)
  23. 右崎正博「比較法研究「メディアと人権救済」の国際動向:アメリカ」法律 時報74巻12号79頁(2002)
  24. 村上孝止『プライバシーvs.マスメディア』(学陽書房 1998)
  25. 村上孝止「マスメディアとプライバシー」ジュリスト増刊『情報公開・個人 情報保護』229頁(1994)
  26. 「特集:柳美里『石に泳ぐ魚』最高裁判決の検討」法学セミナー577号37頁(2003年1月号)

  27. 望月礼二郎『英米法[新版]』254-55頁(1997)
  28. 藤倉皓一郎「アメリカにおける名誉毀損に対する懲罰的損害賠償の機能」同 編集代表『英米法論集』478頁(1987)
  29. T.I.エマソン(木下毅訳)「プライヴァシィの権利とプレスの自由」 [1981]アメリカ法1頁
  30. 伊藤正己『プライバシーの権利』(1963)




参考リンク集





英米法のトップページに戻る





Copyright (c) 2002-2003 by Hideaki Serizawa All Rights Reserved.
芹澤英明
serizawa @ law.tohoku.ac.jp