2001年度 英米法基礎演習のページ
-----「ブッシュ対ゴア再び」(Bush v. Gore Revisited)----

これは、東北大学法学部における、2001年度後期、英米法基礎演習に連動した ページです。

2000年のアメリカ合衆国の大統領選挙において、 共和党候補Bushと民主党候補Goreの選挙人の得票 数が僅差だったことから選挙結果に疑義が生じ、民主党候補Goreの側が フロリダ州の選挙区で得票数の手作業再集計を求め、 訴訟を開始しました。 こうして、 大統領選挙結果についての両候補の争いは、フロリダ州裁判所と合衆国最高裁を舞台 とする未曽有の訴訟合戦となったのです。

この紛争は、 最終的に、2000年12月12日に出された合衆国最高裁の「判決」により、 フロリダ州最高裁が命じていた票の手作業再集計の命令が「違憲」とされ、 共和党候補のBushの勝利が確定しました。

本演習では、この歴史的なBush 対 Goreの戦いにおける 最高裁判決の理由づけ(reasoning)を批判的に再検討します。 参加者は2つのチームに分かれ、 合衆国最高裁の裁判官になりかわり、もう一度、BushとGore のどちらを勝たせるべきだったのか、そして、その法的な理由づけはどのような ものであるべきだったかということを討論します。 この場合、 参加者は、裁判官としてBush/Goreのどちらを勝たせる立場をとったとしても、 厳密な法的な理由づけを展開しなければなりません。なぜ、票の再集計を強制す るフロリダ州最高裁の立場が違憲とされるのか。仮に合憲の結論をとるとしたら、 その後フロリダ州や連邦議会でどのような手続が展開したのだろうか。 大統領選挙について、連邦政府と州政府の権限の分配はどうなっていたのか。な ぜ、最高裁は、憲法第14修正の「平等保護条項」を持ち出してきたのか。 論点は多岐にわたります。

この訴訟の一つの特徴はわずか1か月余の非常に短い期間に全ての弁論が 行われ、法的理由づけが組み立てられていったということでした。この演習でも、 短期間に、関連する判例・法令や文献を調べ、説得的な判決とその理由づけを 作成することが、法律家として如何に大変な作業であるかをシミュレートするこ とを一つの目的としています。

それでは、仮想法廷「ブッシュ対ゴア」を開廷しましょう。



演習進行予定

2002/1/24(木) 討論及び判決期日
2002/1/28(月) ゼミレポート提出期限
2002/2/8(金) 14:40〜 ゼミ論製本作業→ 配布




論点整理(2001/11/1)

各チームで、次の論点について担当者を選んで、判決書作成作業に入ってください。 チームリーダの方は、各論点担当者の論点整理をとりまとめ、それぞれの論点をつ なげ、法的に一貫する理由づけになるように調整しなければなりません。
  1. 合衆国憲法2編1節/3USC§5/Fla.Election Codeの効力関係
    特に「12月12日」という期限が持っていた法的な意味についてどのように 考えるべきか。
  2. フロリダ州最高裁のFla.Election Codeの解釈権限と 合衆国最高裁のFla.Election Codeの解釈権限の優劣関係 (→Rehnquist補足意見 )
  3. 仮にフロリダ州最高裁の判決どおり手作業再集計を続けた場合どちらが勝っ たのか。
  4. 違憲判断回避の可能性はなかったのか。その場合、政治的決着はどのよう なものになったと推測されるか。
  5. 投票権の平等に関する合衆国憲法第14修正平等保護条項の解釈論(先例との 関係)
  6. 最高裁はこの判決によって「政治的」な中立性を失ったという批判を浴び ているが、その当否如何。
  7. この判決の先例としての価値はどのようなものか。この特殊な事実関係限 りのものであるか、それとも、他の平等保護条項の事件に影響を与えるのか。




判例・法令

演習参加者は各自、このページから、判例をダウンロードすること。
  1. Bush v. Palm Beach County Canvassing Board, 121 S. Ct. 471 (2000)(Bush I)
    [判決原文] [laws.findlaw.com]
  2. Bush v. Gore, 121 S. Ct. 525 (2000)(Bush II)
    [判決原文] [laws.findlaw.com]

  3. 連邦最高裁公式ページ:Florida Election Cases [www.supremecourtus.gov]---連邦最高裁における上訴趣意書、口頭弁 論、判決等、全ての記録が読める。
  4. コーネル LII Backgrounder on Election 2000 [www.law.cornell.edu]----連邦裁判所・フロリダ州裁判所の判例への リンク集
  5. Gavel to Gavel: Presidential Election Cases [wfsu.org]---- ここの「Broadcast Archives: November 2000:Presidential Election Cases」から、 フロリダ州最高裁で出された判決文や準備書面のテキストファイル、 口頭弁論の動画ファイルや音声ファイルが入手できる。

  6. 合衆国憲法第2編1節第2項
    [オンライン版] [www.law.cornell.edu]
    〃 第12修正
    〃 第14修正 Equal Protection Clause
    [オンライン版] [www.law.cornell.edu]
  7. 大統領選挙に関する連邦制定法の条文
    3U.S.C.§§1-21
    [オンライン版] [www.law.cornell.edu]
  8. フロリダ州選挙法の条文
    フロリダ州議会のページからたどれる [www.leg.state.fl.us]
    Fla.Stat.ch.102 Conducting Elections and Assertaining the Results




参考文献

  1. 松井茂記『ブッシュ対ゴア―2000年アメリカ大統領選挙と最高裁判所』 (日本評論社 2001)
  2. 「ワークショップ:大統領選挙と裁判所」[2001]アメリカ法293-349頁
    安部圭介「「連邦裁判所の役割」再考:大統領選挙とレーンクイスト・コー ト」
    岡山裕「アメリカ合衆国大統領選挙危機にみる法と政治の交錯:1876-1877 年の事例を中心に」
    前田智彦「アメリカ国民の司法観と2000年大統領選挙」
  3. 寺尾美子「2000年アメリカ大統領選と連邦最高裁」ジュリスト1196号73頁 (2001)
  4. 木南敦、久保文明、高橋和之、ダニエル・フット「[座談会]選挙戦を通して観た アメリカ大統領制の特徴」ジュリスト1196号44頁(2001)
  5. 楡井英夫「アメリカ大統領選挙裁判---35日間の裁判の軌跡(上)(下)」ジュ リスト1201号, 1203号(2001)
  6. 右崎正博「2000年アメリカ大統領選挙管見(上)(下)」法律時報73巻3号96頁、 4号50頁(2001)

  7. 阿川尚之「最高裁、大統領を選ぶ(その1)(その2)」GAIKO FORUM 2001.4号.70 頁, 2001.5号.80頁
  8. 久保文明「二◯◯◯年米大統領選挙と連邦議会選挙の分析」国際問題 491号2頁(2001.2)

  9. William H.Rehnquist, Centennial Crisis:The Disputed Election of 1876(2004)
  10. Arthur M.Schlesinger, Jr., War and the American Presidency, ch.5(2004);『アメリカ大統領と戦争』第5章(藤田文子、藤田博司訳 岩波書店2005)
  11. Ronald Dworkin , A Badly Flawed Election , N.Y.Rev.of Books (Jan.11, 2001)
    [オンライン版]
    Charles Fried, "A Badly Flawed Election":An Exchange,
    Ronald Dworkin, Reply, N.Y.Rev.of Books (Feb.22, 2001)
    [オンライン版][www.nybooks.com]
  12. Richard H.Pildes, Democracy and Disorder, 68U.Chi.L.Rev.695(2001)

  13. The Vote: Bush, Gore & the Supreme Court (Cass R.Sunstein & Richard A. Epstein eds. University of Chicago Press 2001)
    [オンライン・ブック版] [press-pubs.uchicago.edu]
  14. Bush v. Gore:The Court Cases and the Commentary (E.J.Dionne Jr. & William Kristol eds. Brookings Institution Press 2001)
  15. Samuel Issacharoff, Pamela S.Karlan & Richard H.Pildes, When Elections Go Bad:The Law of Democracy and the Presidential Election of 2000 (Foundation Press 2001)
  16. Richard Posner, Breaking the Deadlock:The 2000 Election, The Constitution, and the Courts (Princeton University Press 2001)
  17. Bush v. Gore:The Question of Legitimacy (Bruce Ackerman ed. Yale University Press 2002)
  18. A Badly Flawed Election:Debating Bush v. Gore, the Supreme Court, and American Democracy (Ronald Dworkin ed. New Press 2002)



ゼミにおける議論及びゼミ論文で引用された最高裁判例一覧

  1. Baker v. Carr, 369U.S.186(1962)
  2. Wesberry v. Sanders, 376U.S.1(1964)[1965]アメリカ法124頁(芦部信喜)
  3. Reynolds v. Sims, 377 U. S. 533 (1964)『英米法判例百選[第三版]』10頁(松井茂記)
  4. Harper v. Virginia State Board of Elections, 383U.S.663(1966)
  5. Nixon v. United States, 506 U.S. 224(1993)憲法訴訟研究会・芦部信喜 『アメリカ憲法判例』386頁(時國康夫)(1998)
  6. Timmons v. Twin Cities Area New Party, 520U.S. 351(1997)
  7. Arkansas Education Television Comm'n v. Forbes, 523U.S. 666(1998)
  8. California Democratic Party v. Jones,120 S. Ct. 2402 (2000)



関連リンク集

  1. アメリカ合衆国 最高裁判所 [www.supremecourtus.gov]
  2. Florida CyberCourt [www.flcourts.org]---フロリダ州裁判所の提 供する教育用ページ →フロリダ州の司法制度については、 まずここで勉強すること。
    フロリダ州裁判所 [www.flcourts.org]
  3. フロリダ州選挙局(Florida Department of State/ Division of Elections) [election.dos.state.fl.us]----フロリダ州の選挙制度については、 ここを見ること
  4. The U.S.Commission on Civil Rights, Election Reform: An Analysis of Proposals and the Commission's Recommendations for Improving America's Election Systems (November, 2001)
    [オンライン版] ---全米選挙制度改革の提案
    The U.S.Commission on Civil Rights, Report on Voting Irregularities in Florida During the 2000 Presidential Election (June, 2001)
    [オンライン版][www.usccr.gov] ---2000年の大統領選挙においてフロリダ州の 選挙制度がかかえていた問題点についての調査報告書


  5. NORC Florida Ballots Project [www.norc.uchicago.edu]
  6. Election 2000 (Stanford Law School) [election2000.stanford.edu]
  7. 2000年大統領選挙(JURIST) [jurist.law.pitt.edu]---便利な用語集付 き
  8. Yahoo!から
    ニュース
    大統領選挙
    大統領選挙の歴史 [dir.yahoo.com]




芹澤英明のホームページに戻る

Copyright (c) 2001-2002 by Hideaki Serizawa All Rights Reserved.
芹澤英明
serizawa @ law.tohoku.ac.jp