2001年度 英米法発展演習のページ「最近の合衆国最高裁の判例を読む」

このページは、2001年度前期 東北大学法学部英米法発展ゼミに連動したページです。

今回の演習では、最近のアメリカ合衆国最高裁の判例を読み、個々の裁判官の理由づけ (reasoning)の特徴を探求することを目的としています。参加者は、最後に担当 した判例の評釈をレポートとして提出し、その結果は「ゼミレポート」としてま とめられます。

この演習で検討される判例一覧

演習参加者は各自、このページから、判例をダウンロードすること。
  1. Board of Trustees of the University of Alabama v. Garrett, 531 U.S. 356, 121S.Ct.955(2001)
    [原文] [紹介][関連判例・文献一覧]
    Rehnquist C.J. / Breyer J.
  2. United States v. Oakland Cannabis Buyers' Coop.,121S.Ct.1711(2001)
    [原文] [紹介]・[関連判例・文献一覧]
    Thomas J.
  3. Cooper Industries, Inc. v. Leatherman Tool Group, Inc., 121 S.Ct.1678(2001)
    [原文] [紹介]・[関連判例・文献一覧]
    Stevens J.
  4. The Wharf (Holdings) Ltd. v. United Int'l Holdings, Inc., 121S.Ct.1776(2001)
    [原文] [紹介]・[関連判例・文献一覧]
    Breyer J.
  5. TrafFix Devices v. Marketing Displays,121 S. Ct. 1255 (2001)
    [原文] [紹介]・[関連判例・文献一覧]
    Kennedy J.
  6. Brentwood Academy v. Tenn. Secondary School Athletic Assn.,531 U.S. 288, 121 S. Ct. 924(2001)
    [原文] [紹介]・[関連判例・文献一覧]
    Souter J.
  7. United States v. Playboy Entertainment Groups, Inc., 529 U.S. 803, 120 S. Ct. 1878(2000)
    [原文] [紹介][関連判例・文献一覧]
    Kennedy J. / Breyer J., Scalia J.
  8. Grupo Mexicano de Desarrollo, S.A. v. Alliance Bond Fund, Inc., 527U.S.308(1999)
    [原文] [紹介]・[関連判例・文献一覧]
    Scalia J. / Ginsburg J.




参考リンク集





芹澤英明のホームページに戻る

Copyright (c) 2001 by Hideaki Serizawa All Rights Reserved.
芹澤英明
serizawa @ law.tohoku.ac.jp