<< Blanquette de veau | Main | Attorney General Alberto Gonzales >>

2005年11月08日

Circuit Court

Today, the federal circuit court is sitting at the LawSchool.

"circuit" courtって,本当にcircuitするんだねぇ,と感心。こんなのに巡り会うことはそうはないだろうから,ちょっとだけ覗いてみた。LawSchool内のcourtroomでやっているので,オフィスからそのままジーンズ・サンダルで出かけられるのが嬉しい。

僕が聞いたのは,(朝からSchennachがあったので)

John B. Goodrich, d/b/a Checkerboad Cattle Co. v. United States (from the Court of Federal Claims - water rights)

の途中からだけ。takingの事件なのだけれど,appelant側の弁護士のpleaの書き方がいまいちだったため,appelantの主張の言いたいことが伝わっていなかった(本人曰く,「こういう事件を担当するのが初めてなんで,この論点についてよく分かってませんでした。ごめんなさい。」→法廷爆笑)のだけれど,議論自体は面白かった。今まで,何度かアメリカの法廷は傍聴したことがあるけれど,どれも刑事系だったり,民事でも事実認定中心だったりして,法律上の論点について議論するというのは見たことがない。今回は,water rightの侵害が,regulatory takingなのか,physical takingなのかという点(appelant側弁護士は,この区別をあまり知っていなくて,physicalなのにregulatoryのような書き方をして,原審で敗訴していた)と時効が絡む,法律的に結構面白い論点。Montanaのcattleをめぐる水利権の話で,なんとなくShasta countyを思い出しながら傍聴してました。聞いていた感じでは,このドジにもかかわらず(というか,ドジゆえに)appleantが逆転勝訴,US (appelee)敗訴,の気配。

ソスソスソスeソスソス hatsuru : 2005年11月08日 12:46

ソスgソスソスソスbソスNソスoソスbソスN

ソスソスソスフエソスソスソスgソスソスソス[ソスフトソスソスソスbソスNソスoソスbソスNURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/487