<< Howl | Main | MT 3.2 >>

2005年10月05日

Chicago <-> Harvard/MIT (ECON)

Levittの授業は,役に立つ上,とても面白いのだけれど,これまでの3回の授業の中で,何度か繰り返されたセリフに,

「君たちは,HarvardやMITでなくて,Chicagoにいることによって,advantageを持っている」

というのがある。

どういうことかというと,Levittの話をそのまま載せると,

「奴ら(←彼の英語を聞いていると,こういう日本語の方があうような気がする)は,identificationしか議論しない。けれども,君たちはChicagoにいるのだから,economicsを語ることができる。それを生かせ。」

ということ。

今まで読んだことのあるeconometricsないしempiricalのpaperを思い起こすと,確かにそんな傾向があるような気がしてしまうところがすごい。

そういえば,今年は,UofCからNobel Laureatが出ないかな... 名前が増えた嫌味Tシャツ2006バージョンを買いたい...(笑)

ソスソスソスeソスソス hatsuru : 2005年10月05日 17:06

ソスgソスソスソスbソスNソスoソスbソスN

ソスソスソスフエソスソスソスgソスソスソス[ソスフトソスソスソスbソスNソスoソスbソスNURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/454

ソスRソスソスソスソスソスg

>「奴らは,identificationしか議論しない」
(笑) これはMITのAngrist/Hausman達への批判な気がする。ハーバードの計量はそれを議論するレベルにさえないのではないだろうか?ジョルゲンソンさんとかが古臭いマクロ計量やってるだけという感じが。

ノーベル賞は人気投票だと、Fama(Chicago GSB)/French, Paul Romer(Stanford GSB) と Barro(Harvard)が上位にあるらしいです。あとはKrugman-Helpmanとか。だから結構シカゴいいチャンスありそう。個人的にはベイジアンで、シカゴのArnold Zellner, George TiaoとかDavid Lindley(統計学者)と共同受賞でとらないかなーと期待してます?後は、Efronとかにコンピュテーションの人に一つくらいあげてもいいかと。。。結果は来週の月曜日ですね。

でも思ったんですけど、T−シャツにすぐプリントされるんですか?あれ。まだ2004年の文学部の教授とか入ってなかったような・・・・・・・・。

ソスソスソスeソスソス まっぴー : 2005年10月06日 19:22

でも,Angristも,Hausmanも,あれはあれですごいと思うけれどなぁ。計量といっても,計量theory系と,application重視系とは,また風味が違うでしょう。

人気投票,僕もちらちらと耳にしました。Famaか〜とびっくりしたのだけれど。前に,Sholesたちがもらっているから,ファイナンス系では,むしろ時の流れをさかのぼる感じになって,やや不自然な気がする。
Tiaoは,うーん。経済・計量と言うよりは,statisticianでしょ。
個人的には,Laffontとかにとってもらいたかったけれど,死んじゃったし。Laffont/Tirole/Dewatripontあたりにまとめてどんしてあげたいのだけれど,よくよく考えると,「切れ味鋭いペーパー」は結構あっても,「新しい領域を開拓した」というノーベル賞選考基準からすると,いまいちな気がする。

Tシャツ,確か,2003年の文学のあの人,入っていたような気がする。

ソスソスソスeソスソス hatsuru : 2005年10月06日 22:24

nobel prizeの季節ですね。

>Krugman-Helpman
Dixitも入れてネ。

>Famaか〜とびっくりしたのだけれど
Fama/Frenchは(今年はともかく)将来ないとは言い切れないでしょう。
ちなみにMerton-Sholesとはかぶってないし、業績的には後。

初comment, 何かうまく書き込めないのですけど。
重なってたら削除してください。

ソスソスソスeソスソス Mitsu : 2005年10月07日 00:30

Famaって,Merton-Scholesより後だったのか。てっきり前だと思ってました(ファイナンスの教科書に出てくる順番が頭にあったもので。笑)。もちろん,業績のかぶりはないので,それだと,いつかはとってくれそうですね。Chicago ECON枠ほぼ確定!

Dixitも確かにそこには入る。けれど,彼も幅広いなぁ。optimizationのテキストも書いているし。最近読んだ彼のものでは,"Lawlessness and Economics"が面白かったです。そんなに新しいことは言ってないのだけれど(教科書だから),なかなか見通しよく整理してくれている。

PS. コメント書込がうまくいかなかった(ように見える)のは,多分,Movabletypeが3.2にバージョンアップして動作が異様に重くなったため,「投稿」ボタンを押してから反映されるまでにえらく時間がかかるようになったからだと思います。気長に待ってやってください。改良版が出てくれるのを期待してますが。

ソスソスソスeソスソス hatsuru : 2005年10月07日 07:31

みつさーん。久しぶりでーす。個人的にはぜるなーがいい。死んじゃうよ彼・・・・・・(泣き)。あとTiaoも数年後は確実に逝ってしまう気がします。だって二年前くらいに授業でチョーク持ってプルプルしてたもん。受賞理由的にはベイジアンで分かりやすくていいと思うんですけど・・・・・・。統計学者はダメですかーーー。

そういえばハーバード一個とったみたいなんですけど、いまいち盛り上がりに欠けてます。

全然関係ないですけど、ハーバードにイグ・ノーベル賞ってあるんですけど、今年の受賞者は何気にドクター・中松なんですよ。個人的にはそっちの方が盛り上がり気味。

ソスソスソスeソスソス まっぴー : 2005年10月07日 22:58

Nashがとった後に,Aumann/Schellingは,ちょっと予想が付かなかった。うーん。

ソスソスソスeソスソス hatsuru : 2005年10月10日 14:01