<< Lima -> Chicago | Main | summary: Bolivia + Peru >>

2005年09月08日

Coming Back

Bolivia/Peru,3週間のバックパッカー旅行から,怖い目にもあわず,無事帰ってきました。今回は,typhoid feverやhepatitis Aの発症の徴候は未だ見られません。

明日,どどどっ,と旅日記をアップします。

ソスソスソスeソスソス hatsuru : 2005年09月08日 18:05

ソスgソスソスソスbソスNソスoソスbソスN

ソスソスソスフエソスソスソスgソスソスソス[ソスフトソスソスソスbソスNソスoソスbソスNURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/413

ソスRソスソスソスソスソスg

はつるさん。無事でよかった。本当に長いこと連絡がないんで、病院に直行したのかと思ってました(笑)。今回は発症の兆候があったらすぐに病院直行してください!!!!

Thanksgivingにシカゴ帰ります。そのときお会いしませう。そういえば今年からアマルティア・センがはーばーど復帰するみたいです。秋にRATIONAL CHOICE、冬にPHILOSOPHYのクラスをJOLLSという法と経済学の先生と持つみたいです。

今学期とろうか迷ってます。一応今学期は17.5 CRDIT分の必修が免除されたので普通に何でもとれるんですけど、一年目からこういうコース取らないほうがいいかなーーって。もちろんセンの寿命とどのくらいハーバードにいるつもりなのかを考えないといけないのですが。

ケンブリッジと、メディカル・キャンパスの往復にかなり時間とられそうなので、クラスというよりトライアスロンみたいな一学期になりそうです。そんな感じで、近況報告を兼ねたコメントでした。

ソスソスソスeソスソス muppy : 2005年09月08日 20:00