<< Sacred Valley -> Arequipa | Main | Canon del Colca >>

2005年08月29日

Arequipa

朝6時,Arequipa到着。いやー,よく眠れた。こんな快適な夜行バスは,今回初めてじゃないだろうか。それも,s/.20の激安料金で。とりあえず,市街に向かう。普通の人はタクシーを使うけれど,collectivoの混雑さが好きな僕は,ここであえてcollectivoを使ってみる。このcollectivo,どう考えても市街地とは反対方向に向かい始めたのであれれと思っていたら,郊外をぐるっと一周して市街地に戻ってきた。ともあれ,お値段は,s/.0.60。s/.1もしないのは,これまでで一番安い(Peruでは。Boliviaのぞく)。

さて,宿探し。探すのが面倒だったので,Hospedaje Crillon Serranoというところにさっさと決めてしまう。con banoでs/.15。この後は,まず,旅行会社探し。明日のツアーを探さねば。いくつか回ってみて,$20-$28くらいでホテルの質によって変わってくることが判明。ツアー内容の説明がしっかりしていた(トレッキングについて唯一言及のあった)Colonial Toursというところで,$23を購入。さて,市内観光だ。
まずは,Museo Santuarios Andinosへ。有名なmummyがある博物館だ。ところが,地図に載っている場所にはない! 聞くと,Plazaの北側から南側へ移転したとのこと。行ってみると,ツアーのみでの閲覧で,英語ツアーに参加。まずは,mummyが発見されたときのドキュメンタリーDVDを見せられた後,出土品の解説。最後に,mummy "Juanita"とのご対面。なかなか感動的。ちなみに,一般にmummyと言われているけれど,実際にmummyなのは頭だけで,体の他の部分は凍結状態で(=脱水しないで)残っていたというのだから,非常に貴重な研究素材だ。Arequipaの近くの火山Ampato等(6000m級)で発見されたmummyは何体かあるのだけれど,その全てがこの博物館に保管されている。
続いて,Monasterio Santa Catalinaへ。これまた,美しい。青・黄・茶・白の4つの鮮やかな色に塗られた回廊・court yardたちの中に,様々な花が配置されていて,とても"photogenic"な風景が広がる。複雑で広い建物の中で,一部屋進むごとに全く違った景色が展開されていて,感嘆しつつ,KissDのメモリが瞬く間に消費されていく。LPが始めの方のTop10にここを含めている理由がよく分かるなぁ。


こことMummy Museo(町の人に尋ねると「あぁ,mummyの博物館ね」という反応が返ってくる)を持つArequipaは,Peruでも必ず訪問すべき都市だと思う。
この後,Plaza de Armas(←ここも美しい)に戻って,遅い昼食。Plazaを2階テラスから見下ろす店(たくさんある)で,Sopa a la Criollaと名物のPollo Choctadoを注文。
ar_minute.jpg
ar_cho.jpg
後者は,Arequipa名物という割りには,特に変わった味という訳ではなかった。

お昼を食べながら,見晴らしが良いというYanahuaraというところまで歩いて見ることにする。途中,Monasterio de la Recoleta(これも赤と白の映える可愛らしい建築)に立ち寄りながら,1時間くらいかけてたどり着く。確かに,ここから見るEl Misti (5822m)はすばらしい。Arequipa自体が2325mあるので,2500m程度なのだけれど,富士山に似て単独峰なのできれい。岩木山なども皆そうだけれど,やはり単独峰というのはお得だ。ついでに,Arequipa市街の見晴らしもなかなかよい。

Yanahuaraの教会も見てから市街に戻り,Casa Rickettsというcolonial buildingに行こうとしたけれど見つからなかったので,あきらめて夕食に。

お昼がいまいちだったので,LPお勧めのLa Vinedaというところに行ってみる。無料のPisco Sourをapetizerに,Rocoto Relleno(これはArequipaが本場)とCupe de Camaronesを頼んでみる。Pisco Sourは,Piscoという蒸留酒にメレンゲ等をあわせたペルーで一番有名なカクテル。甘い。
ar_pisco.jpg
Rocoto Rellenoは,Cuzcoで食べたのは辛すぎたけれど,本場のこれはすばらしい! さほど辛くはなくて,マイルドでとてもおいしい。中に詰めてある肉も,いい肉を使っていて肉の旨味が良く出ている。
ar_rocoto.jpg
Cupe de Camoronesも,Arequipa名物で,川エビ(camaron)を使ったスープ。見た目は「おおっ」と豪華で(僕の次のテーブルにいた人が,僕のを見て「あれください」と注文していた)スープはおいしいのだけれど,肝心のエビは,いまいち。川エビよりも海エビ(と言うのか?)の方がコクがあるような気がする。でも,おいしい。この店は当たりだ。Arequipa最終日にまた来るとしよう。
ar_camaron.jpg

ソスソスソスeソスソス hatsuru : 2005年08月29日 09:29

ソスgソスソスソスbソスNソスoソスbソスN

ソスソスソスフエソスソスソスgソスソスソス[ソスフトソスソスソスbソスNソスoソスbソスNURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/423