<< Toulouse-Lautrec and Montmartre | Main | Mango Mousse >>

2005年07月24日

GARY BURTON GENERATIONS QUINTET

久しぶりのJAZZ SHOWCASE。今週末は,Gary Burton (vib)が来ている。

パフォーマンスはかなり良かったのだけれど,「黒くない」。Chicagoに来て,初めて「黒い」ノリのないJazzを聴いたのでは?
観客も,土曜の晩で有名人ということもあって非常に混んでいたけれど,見事に白い。30分くらい前にきて席を取ってもらっておいたEさんを捜そうとしたら,入り口で,「お前はfront rowで待っているやつの連れか?」と聞かれる。多分そうだと思うけれど,と応えていくとやっぱりそうだった。Eさんは常連に近くて顔パスが効き始めている(だからfront rowがとれた)のだけれど,アジア系が僕らしかいない,ってことですね。
パフォーマンスは,上述のように,黒いグルーヴ感はあまりなく,フュージョン寄り。Garyご本人はともかくとして,ピアニストがなかなか面白かった。ウクライナ出身と言っていたけれど,クラシックの素養がかなりある人で,ユニークなソロを弾く(けれども,もちろん黒くない)。そういえば,ギタリストも,ジュリアンと言っていたから多分フランス人で,さながら多国籍軍だ。

ところで,何で僕が遅れていったかというと,Lincoln Parkから来たから。Hyde Park -> Lincoln Parkのroad bike走破をやってみて,そこでテニスでさらに汗を流し,そこからDowntownに戻る,というルート。HP/LP間は,50分で着いてしまい,1時間かからなかった。Downtownからだいたい20分でLPまで行く。
Showcaseの前にroad bikeをつなぎ,帰りは,EさんとCTAにroad bikeを積んでHPに帰り。さすがに,夜1時を過ぎたLakeshoreをbike走らせる蛮勇はない。Lakeshore Trailではなくて,Lakeshore Driveなら治安的に心配はないけれど,別の意味で危険だ :-)

ソスソスソスeソスソス hatsuru : 2005年07月24日 07:47

ソスgソスソスソスbソスNソスoソスbソスN

ソスソスソスフエソスソスソスgソスソスソス[ソスフトソスソスソスbソスNソスoソスbソスNURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/393