<< Brooklyn | Main | Final Day in NY >>

2005年06月17日

Re: Upper East

今日は,再びUpper Eastに戻る。

まずは,NBCのRockfeler Plaza前を通ってから――Chicagoでは朝7時過ぎから同時放送。今日は何かアイドル歌手のライブをやっていた――,Guggenheimへ。ぐるぐるした建物が特徴的で,展示もなかなかいい。特別展示が,Guggenheimの創設時curatorであるHilla Rebayをめぐる展示で,その他,常設展示として,Kandinskyまわりが1本,後期印象派からPicasoあたりまでが1本ある。特に,Kandinskyの品揃えは,世界一を誇るだけあって見物。
午後1時くらいまで見てから,すぐ近くのNeue Galleryへ。ちなみに,LPの地図は通りの反対側になっている(PS1も同じだった)。住所表記はあっているので探せるけれど,最初はとまどう。Neueは,24日まで3Fの展示室は閉鎖中で,2Fのみだという。料金もreduced。けれども,2Fにあるのはクリムトやシーレばかりで,一番期待していたドイツ表現主義まわりは,全部3F展示でアウト。40分程度で見終わってしまった。reducedでも高い...
今日は,この後,MoMAの金曜4時からのTarget Donation(ChicagoにもあるスーパーのTargetによるdonationで,入館料がただになる)に行く予定なので,まずはゆっくりとお昼を探す。LPによれば,こちらUpper EastにH & H Baglesがあるそうなので,"You've got mail"で出ていたなぁと探してみる。これも,LPの地図は道の反対側になっていた。確かに,ここのBagleは,ふわふわで味もしっかりしていておいしい。Chicago LSのCoffee Messで出るやつとは違う(→比べる対象がひどすぎるという説あり)。

この後,MoMAに向かう。3時55分頃に着いたのだけれど,すごい列! MoMAの横の駐車場の中にぐるぐると折りたたんだ列がある。周囲のアメリカ人が,「ディズニーランド状態だ」と言ったり,「今までの最悪の行列で,○○時の待ち合わせに間に合うかどうか分からない」と携帯で連絡しあったりしている。けれども,列が動き出すと結構早く,4時15分頃には入館できた。
金曜は夜8時までやっているけれど,4時間しかないので,効率的に見て回る作戦を立てる。まずは,5階と4階の絵画・彫刻を見て,余裕があれば6階の特別展示・3階のデザイン・2階のいろいろ,の順序で行こう。5階と4階は,やっぱりすごい。人混みも(笑)。相当程度は,既に一度は日本で見ているのだけれど――特に,上野の森美術館が力を入れているピカソとか――,もう一度目にして,改めていいなぁと。この2つの階をほぼ2時間半かけて回る。それから,予定通り,6階の特別展示・3階のデザイン・2階を駆け足で。2Fの現代美術は,昨日見たPS1の方が生きの良さでも量の面でもはるかに優れている。残り30分ぐらい残したので,もう一度,5Fと4Fに行って再度の鑑賞。閉館が近くなってだいぶ人が少なくなったので,落ち着いて鑑賞できる点がうれしい。
今日も,MoMAを追い出される羽目に。その後,Museum Shopを見て回る。デザイン関係が多いので,見ていて楽しいけれど,ちょっと買う気はおきない。荷物増えるし。

ソスソスソスeソスソス hatsuru : 2005年06月17日 23:36

ソスgソスソスソスbソスNソスoソスbソスN

ソスソスソスフエソスソスソスgソスソスソス[ソスフトソスソスソスbソスNソスoソスbソスNURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/373