<< Airlines | Main | Brooklyn >>

2005年06月15日

MET

NYの最初の2日(実質)はMetへ。

初日は早めに出て,Columbus CircleからCentral Parkを斜めに1時間かけて横断。開館時間の9時30分に入って,まずは,1F奥のModern Artから。これを見終わって午後1時30分。いい絵がたくさんあったので思ったより遅くなり,時間がもったいないのでそのまま飲まず食わずで続行。1Fの中世絵画等とアメリカ絵画を制覇して,ついでに中国・東南アジア・南アジアを駆け足でめぐってから特別展のMax Ernstを見て,閉館時刻5:15で追い出される。同時にMuseum Shopも閉まる。MoMAに比べると商売が下手だ。ここで初めて水と食料補給。
7:30からディナーの予定が入っていたので,ここまで来たらもうちょっと北まで行って,Columbiaの裏側にある黒人街として有名なHarlemに行ってみて,Hyde Parkとどっちが危険地帯なのか比較してみようと突撃。135thでsubwayを降りてから,ぐるぐる1時間くらい回って125thに戻る。
- とても安全。警戒アンテナにほとんどぴぴっと来ない。スリ警戒フラグも立てる必要なし
- 家の防護度も,Hyde Park(場所にもよるけれど)より緩い
- 街はかなりきれいで,場合によってはHyde Parkよりもきれい
- 問題は,ほぼ全員黒人ということで(例外はHarlem YMCAの周辺),それを怖いと思うかどうかだけ(怖いと思ったらHyde Parkでは生きていけない)
と見てみると,やっぱりHyde Parkというか,Chicago South Sideってどーよ,という気になってしまう。
この後,7:30から,Midtownの(Chinatownのではなく)Peking Duck Houseにて夕食。知り合いの弁護士さんから,「清算義務は合理的か?」がとても面白くてみんなに教えまくった,と言われて感激。自己採点では現時点での最高傑作(ちなみに次点が「受託者の公平義務」。どっちもNBLだ)だけれど,経済分析を毛嫌いする傾向のある民法学者からは無視されて抹殺されるのではと予想していたもので。
ちなみに,47thさんの窓から見るハドソン川の夜景はすばらしい。

2日目も,再びMet。今日のメインは,19世紀絵画。プレ印象派から後期印象派まで,「○○で見たことあるな」という絵もあるけれど,すばらしいコレクション。これも午後1時過ぎまで見てから,2Fの西洋絵画の部屋。さすがに,オランダ系絵画は,BelgiumのGhent・Brugge・Bruxelleで見たものに劣るけれど,それでもなかなかのコレクションで見応えあり。この後,Chanel(特別展),Greek/Rome/Egyptと回って,Museum Shopで買い物。が,ここはあんまりいい売り物がない。ちなみに,目録とかを見ていると,この2日で見ることのできたのは,所蔵品の数分の一だということが分かる。台北の故宮博物館が,全てを見るのに4年かかると言われるけれど,また時間がたってから来てもいいかもしれない。残り15分くらいになったので,最後の見納めと,19世紀絵画と現代絵画に行って,写真をひたすら撮る。今日も追い出しにあう。
この日は,この後,せっかくNYだし,自由の女神を拝んでみるかと,Staten Island Ferryに乗る。LPには,自由の女神に行くフェリーは並ぶし,どうせ展望台までは入れないから,無料のStaten Ferryを使うべき,と書かれているので。確かにこれで十分。摩天楼の景色も堪能できる。
statenferry.jpg

この後,China TownとLittle Italyに行ってみる。Chinatownでtake out系のものをゲットしようと思ったけれど,もう8:30なのでレストランしか開いてない。そこで,Little ItalyのFerraraというLPで紹介されているお店で,canoliとsfogtellaをゲットして夕食代わりに。このcanoli,UofCのDep. of Musicのcolloquiaシリーズのreceptionで出るcanoliより,脂っこくなく甘さがはっきりしていておいしい。ちなみに,Little Italyでは,Taxi DriverやGod Fatherのような危なっかしさは,ほとんど感じず。

もひとつちなみに,途中からstudent料金で全て通す(笑)。UofCのIDカードには,ばっちり"FACULTY"と書いてあるのだけれど,どこでも余裕で通る。すばらしい。

ソスソスソスeソスソス hatsuru : 2005年06月15日 23:18

ソスgソスソスソスbソスNソスoソスbソスN

ソスソスソスフエソスソスソスgソスソスソス[ソスフトソスソスソスbソスNソスoソスbソスNURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/371