<< UEFA Champions League Final | Main | 2160 W. Ogden >>

2005年05月27日

X-TET + Colloquia

昨晩:

Thursday, May 26, 2005
JAZZ X-TET
Director Mwata Bowden presents a CD release compilation concert, centering on exciting performances and compositions spanning the group's decade of existence. Celebrate ten years of "getting a groove on" with the Jazz X-tet!
Fulton Recital Hall, 8 pm, Free

そして,本日は,無事明日のAdvanced AccountingのHomeworkが終了したので, ティラミスとカノーリを食べに行く(笑):

 Friday, May 27, 2005
COLLOQUIUM SERIES: William Caplin
Now at McGill University, distinguished alumnus Caplin specializes in the theory of musical form. He speaks on "Schoenberg's 'Second Melody,' or 'Meyer-ed' in the Bass: Toward a Theory of Bass Melody."
Fulton Recital Hall, 3:30 pm

前者は,ご機嫌系のビッグバンド構成で,学生主体のバンドだったので,腕の方はいまいち。聞いていて冷や冷や。ただし, DrumとゲストできていたプロのTenor Sax (+ Bug Pipe)とは上手だった。

 

後者は,結構面白い。音楽理論のpaperっていうのはこういう風に構成するのか,というのを実感。モデルを構築 (+そのバリエーション展開)→さまざまな具体例がそのモデルで説明できるか検討,というステップを踏むところは, この前のGreifのEcon Histなどと手順が似ている。分野は違っても, アカデミックに考察するときは手法は似てくるのかもしれない。

ちなみに,話を聞きながら,Schoenbergはほとんど関係ないだろー,と思っていたら,案の定,question timeの2つ目の質問で,「それってSchoenbergと関係ないじゃん」という突っ込み。orの後のタイトルの方がよほど正直。

ソスソスソスeソスソス hatsuru : 2005年05月27日 17:46

ソスgソスソスソスbソスNソスoソスbソスN

ソスソスソスフエソスソスソスgソスソスソス[ソスフトソスソスソスbソスNソスoソスbソスNURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/350