<< Ca Koh To | Main | Rei-men >>

2005年05月09日

So-men

手延素麺だった。僕が日本で最後に出席してきた私法学会シンポジウムのハイライトは。

あそこでは,「日本を出国する前に,いろんなところで『でびゅう』(←いわゆる「公園でびゅう」などと同じ)しておこう」というノリで,何を血迷ったかシンポジウム(当然,商法でなくて民法)で発言して帰ったわけだけれど,やはり何と言っても,あのシンポの最大の目玉は手延素麺に尽きる。

けれども,この手延素麺,口頭発表だけで記録がなかったので,結局,味はどうだったのかよく分かってない。ひょっとするとひょっとして,永遠に日の目を見ないかと危惧していたら,たまたま,

NBL 4月1日号(No.806)

団体論・法人論の現代的課題

団体・法人とマーケット(上)

――兵庫県手延素麺協同組合「揖保乃糸」考

東京大学大学院法学政治学研究科教授 廣瀬久和

を発見! おーっ,ついに出たのか。Chicagoにいて読めないのが残念だ。でも,(上)だけだ,今のところ。レセプトゥム責任(*)のときのようなことにならないことを,祈ってます。

(*) すごく面白い論文なのに,「何でそこで止まっているんだー,そこから先が一番面白いところじゃないかー」と,僕も含めて周囲の人からは怨嗟の声(?)が満ちている代物。しかし,松井(智)さんは,判例評釈一本(しかも判民でなく商判)で「その先」を書いてしまったのだからすごい。

ソスソスソスeソスソス hatsuru : 2005年05月09日 16:13

ソスgソスソスソスbソスNソスoソスbソスN

ソスソスソスフエソスソスソスgソスソスソス[ソスフトソスソスソスbソスNソスoソスbソスNURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/329

ソスRソスソスソスソスソスg

私も続きを心待ちにしています。「揖保乃糸」は私の郷里のほぼ唯一の特産品ですから(爆)。

ソスソスソスeソスソス けんけん : 2005年05月09日 17:56

私も「ついに出たか」と、今後が楽しみです。
助手論を書いていたので、その学会には出られなかったのですが、後から伝聞でいろいろと聞いていると、どうも私の論文のテーマにも関係がありそうで、ずっと「見えないお化け」におびえていたので。。。
今回分はまだ序章という感じでしたが、「『現金主義』という、ある意味ではきわめて健全な経営(特にファイナンスに関する)政策」というような記述もあり、おもしろそうです。

ソスソスソスeソスソス K@目白 : 2005年05月15日 05:18