<< Phoenix | Main | M&A Accounting is changing >>

2005年04月23日

Windy City

というのは,Chicagoの有名な別名の一つだけど,今日は,身をもって体験する羽目に。

数日前まで,25Cオーバーの暖かい日が続いていたのに,突然,昨日から寒くなり,今日は小雪が舞う天気。しかも,風が強い。NないしNNWの20mphだから,風速32km/hで,並の台風をはるかに超える。けれども,今日は土曜。ということは,DowntownのGleacher CenterまでRoad Bikeで行かなければならない。

風向きがNないしNNWということは,行きが向かい風になる。47thからLake Shore Trailに出てみると,すさまじい。Lake Michiganは,白波が立っていて,高さ3mくらいまでの並しぶきが上がっている。向かい風は思った以上に強く,Chicagoに来て初めて,フロントギアのインナーを使わざるを得なくなった。平地ばかりのChicagoでフロントのアウター以外を使うとは予想していなかったけれど,こういうときに使うのか,と納得。一番風邪の強かったのは,37th付近でLake Shore Trailが海側にふくれるところで,風を遮るものが何もないので,よろよろ。McCormick PlaceやSoldier Fieldあたりまで来て,風を遮る建造物が出始めて,少し風が弱まる。Downtownのビル街が近くなると,今度は逆に横風や追い風も出てきたりして,ビル街での風向きの迷走ぶりが分かる。でも,Windy Cityの言われは,ビル街が風を強めることも一役買っている,という割には,案外Downtown内部の風は強くない。結局,普段なら30分ちょっとで着くGLCまで,ほぼ1時間かかってしまった。まるで,path hunting並の遅さ(それよりはちょっと早いか)。

けれども,帰りも風向きが変わらなければ,この強風は快適な追い風になる。普段ならジョガーや散歩人でいっぱいのLake Shore Trailも,寒さと強風でほとんど人がいない。となれば,がんがん飛ばすのみ! Road bikeの一番高いギアでもペダルがくるくる回る。おそらく,40km/hは確実,50km/h位は出ていたはず。スピードメーターをつけていなかったのが惜しまれる。僕の自転車人生での最高速度を更新したと思う。何度かコースアウトしそうになるスリルも楽しい。結局,GLCから自宅まで,25分で到着。
こういう風に舗装路を飛ばすのがroadの最大の魅力だから,roadをゲットしておいた良かった...

ソスソスソスeソスソス hatsuru : 2005年04月23日 13:34

ソスgソスソスソスbソスNソスoソスbソスN

ソスソスソスフエソスソスソスgソスソスソス[ソスフトソスソスソスbソスNソスoソスbソスNURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/306

ソスRソスソスソスソスソスg

訂正。

20mphって,大体9m/sですね。だから,台風の半分強です。

ソスソスソスeソスソス hatsuru : 2005年04月24日 06:13