<< mexican pictures 2 | Main | Discharge >>

2005年04月17日

mexican pictures 3

この辺で最後かな。

これは,Teotihuacanの飛び降り。こういう風にくるくる回りながら降りてくる。本当は,ちゃんとした宗教的な意味があるそうだけれど,忘れた。


これは,Sayil遺跡(Ruinas Puucのうちの一つ)。Maya文明といえば,石灰岩lime stoneで白いはずなのに,このあたり,やけに土が赤い。Italyのtera rossaでもないのに...


これは,全てUxmal。最初が尼僧院で,バックにピラミッドが見える。その次は,その一部の拡大図。3枚目は,Palaceの角。最後は,ピラミッドの近くに咲いていた花(←乾期の終わりだというのに珍しい)。

最後の2枚は,Oaxaca。1枚目は,Oaxacaの守護聖人をまつっているBasilica de la SoledadのMaria像。かつては,黄金とダイヤモンドの冠をかぶっていたそうだけれど,90年代に盗難にあって,現在の冠は簡素。2枚目は,San Domingoの前の行列の中の覆面竹馬族。MH Websiteの今のトップの写真は,こいつらにカメラを向けたらポーズをとってくれたもの。この竹馬で音楽に合わせてちゃんとダンスするのだから,すごい。

ソスソスソスeソスソス hatsuru : 2005年04月17日 07:09

ソスgソスソスソスbソスNソスoソスbソスN

ソスソスソスフエソスソスソスgソスソスソス[ソスフトソスソスソスbソスNソスoソスbソスNURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/296

ソスRソスソスソスソスソスg

ボラドーレス(くるくる降りてくるヤツ)見れたんですね。いいなあ。あれはたしかメキシコ湾岸地方に残っている祭りの儀式で、エルタヒンとかに行くと見れるそうです。この儀式の原型は古くて、いわゆる「降臨する神」の儀礼ではないかと言われています。たしかカラクムル遺跡に、下向きに降下する神のレリーフが残る「降臨する神の神殿」というのがあったはずです。以上、古代文明マニアのうんちくをひとつ。
  サイールにウシュマル、なつかしいですね。花は私も撮りましたが、あんまりキレイに撮れてません。やっぱりあんなカメラのマクロ機能じゃダメですね。尼僧院とそのレリーフもお見事。オアハカではセマナサンタ中ということもあり、教会の中は祈りにきた人でいっぱいで、とても撮影できる状況じゃなかったです。というか、カメラを取り出すのにもかなり度胸がいるような状況でした。  

ソスソスソスeソスソス 野口 正輝 : 2005年04月18日 03:00