<< R -> econometrics | Main | midterm season >>

2005年04月29日

faculty's book

Levittの本:Freakonomics : A Rogue Economist Explores the Hidden Side of Everythingが出ていた。テーマは彼の今までの論文からとっているようだけれど,ジャーナリストとの共著になっているから,多分,一般向けにリライトされているんだと思う。あの有名な大相撲の論文も収録。

ソスソスソスeソスソス hatsuru : 2005年04月29日 06:43

ソスgソスソスソスbソスNソスoソスbソスN

ソスソスソスフエソスソスソスgソスソスソス[ソスフトソスソスソスbソスNソスoソスbソスNURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/319

ソスRソスソスソスソスソスg

僕も買って読みました。一番受けたのが、ギャングのファイナンスの話。実際に、アジト潜入してデータ入手したのってシカゴの社会学のPh.Dのインド人だったんですね。命知らずとしか言いようがない。彼が6年間ギャングと生活をともにし、レビットがそれを分析しただけだと考えると、レビットってちょっとおいしいくないすかーーー。

ソスソスソスeソスソス まっぴー : 2005年05月04日 04:26

あの(潜入)調査手法は,僕が今quarter,Sociの授業でとろうかどうか考えて,「これとったら,他のことが何もできなくなる」と思いとどまった,"Ethnographic Methods by McRoberts"でやるやつです。

シカゴのSociは,以前からこの社会調査手法を積極的に使ってきたし,それに,大学自体が治安の悪いところのまっただ中にあるため,都市・犯罪等の分析は昔から盛ん。その2つが重なったのが,そのPhDでは?

そのPhDも,きっと何らかの成果を出しただろうし(多分...),もしかすると,「自分の国の××に比べれば,まだUSのギャングの方が安全だぜ!」と考えて(^^;)潜入したのかも。それでもレビットはおいしいですが。

そういえば,この前,LSのワークショップでも,あるprofessorが,Los Angelesでも治安の悪い地区"Skid Raw"(?)に軽く潜入(というか3回くらい歩き回ってきただけだけれど)してきた調査報告してました。

ソスソスソスeソスソス hatsuru : 2005年05月04日 05:50

だとするとかなり、そのethnographyの授業微妙な気がする。だって、Venkateshの質問って、

How does it feel to be black and poor?

a) very bad
b) bad
c) neither bad nor good
d) very good
e) fuck you

なんだもん。一体その授業の先生はインドから来た純粋な留学生に何を教えているのだろう?

ソスソスソスeソスソス まっぴー : 2005年05月07日 11:12

あれ,そのquestionとresponse,今HarrisでとっているRasinskiのSurvey and Questionnaire Designでも,Rasinskiが話していたような記憶がある。もちろん,ジョークとしてだったので(→教室爆笑),ノートにとってはいないけれど。もしかすると,結構有名なジョークquestionなのでは?

ソスソスソスeソスソス hatsuru : 2005年05月07日 13:50