<< I got it! | Main | photos of mex >>

2005年03月24日

livedoor v nippon bc

予測通りの結論(ロジックはともかく)だし,Econ右派な人間には別にそれでいいんですが。ビジネス的に面白い分析は,笠原一輝のユビキタス情報局:ライブドアショックは放送とITの融合を進める起爆剤となるか?で読める。もちろん,放送法を変えろって言われたって,「コンテンツ事業と放送事業」の条文上の書き分け(と実際の適用)ってどうするの?(憲法上の問題なし?)といった問題があるけれど,読んでいて結構なるほどと思わされてしまった。

この分析枠組みが適切だとすると,2つのビジネスモデルが互いに競い合ってどちらがより望ましいかが自然に決まる,というのがありうべき状況のように思う。一つのビジネスモデルしか存在しない現状は不幸だ。そう考えると,今度は,放送事業の固定状況の方に,独禁法とかでメスを入れられないかな,という気がしてくる。もちろん,放送法自体にそれなりのメカニズムは具備されているのかもしれないけれど,独禁法でぐさぐさ解剖してみることも必要なのかもしれない(ちょうど,かつて白石先生・田村先生が知財についてやったように)。

ソスソスソスeソスソス hatsuru : 2005年03月24日 11:25

ソスgソスソスソスbソスNソスoソスbソスN

ソスソスソスフエソスソスソスgソスソスソス[ソスフトソスソスソスbソスNソスoソスbソスNURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/269