<< Hello, World! | Main | mexico: summary >>

2005年03月22日

DF -> Hyde Park

今日は,Chicagoへ帰る日だ。フライトが午前10時なので(日本に帰る人は,transitの関係で午前6時のフライトという人が多い),3時間前には空港に着こうと,朝6時起きで,metroを乗り継いで空港に向かう。I-94ではなくて,I-94Wを渡されるというトラブルがあったものの,AAのカウンタでチェックインをすませ,セキュリティに向かう。セキュリティでは,X線検査に引っかかり,「お前はテキーラ持っているか?」と聞かれる。持っているのはメスカルであってテキーラではないので,自身を持ってNoと答えると,バックパックの中をごそごそやっていた後,敵はあきらめた。どこかで,DFの空港でテキーラを持ち出そうとすると没収され,空港内のDFSで買うように要求される,と聞いたことがあるけれど,本当なのかもしれない。

空港内で,宿の近くのパン屋で買ったクリームコロネで簡単な朝食(現在,ペソの残りは2.10。日本円にして約20円。随分きれいに使い切った)。このコロネがよろしくない。カスタードをきちんと炊くのではなく,ゼラチンで固めた感じのざらざらとしたクリームで,多めの砂糖とレモンとでちょっと甘ったるい。メキシコのパンは,どれも異様に安いのだけれど,味はあまり良くない気がする。
フライトは順調にO'Hareに向かい,入国審査。出国時にUS-VISITを経ていないことが問題視されるかと思ったら,あっけないほど順調に通過。ところが,税関で引っかかっていろいろと質問される。今まで,日本でもどこでも税関では何も言われずにパスだったのに,どこに行ってきただの,Chicagoではどこに住んでいて何をしているだの,こと細かく聞かれる。後から考えると,いかにもバックパッカーですという汚い格好をしていたのが原因だろう。今までは,たいていの場合,ジャケットを着ていたりとこぎれいな格好が多かった(出張だったので)から,怪しまれなかった。逆に,後ろめたいものを持ち込むときはきれいな格好で,ということ。
外は寒い。ダウンタウンでCTAバスを待つときの街頭の温度計は,0Cちょうど。しかも,6番バスが来ない。30分近くしてやっと来たと思ったら,2台連続だった。ばかやろー。

ソスソスソスeソスソス hatsuru : 2005年03月22日 22:00

ソスgソスソスソスbソスNソスoソスbソスN

ソスソスソスフエソスソスソスgソスソスソス[ソスフトソスソスソスbソスNソスoソスbソスNURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/266