<< Gorgonzola Scorn | Main | Studying Japan >>

2005年02月01日

securities regulation

いとうさんのブログでの発言について,あまり密接ではないけれども一応の関係者としてのコメント。差し障りがない(であろう)範囲で書きます。といっても,差し障りがあるほど多くのことを知っているわけでは多分,ない。

証取法の課徴金導入は,「証取法と独禁法」にも書いたように,独禁法改正論議を「横目で見ながら」始まりました。もちろん,これは時期的な話であって,大もとには,規制緩和推進会議(正式名称曖昧)の出している指針と,(記憶が不確かだけれど)国会の附帯決議とがあって,「錦の御旗」はそろっていました(理論的には全く無意味だけれど,政治的にはこれらの有無(特に後者)は大きく違うらしい)。

独禁法改正論議のすすみ具合を見ながら証取法改正の議論がスタートしたのは,これが,憲法・行政法・刑法に絡む微妙な問題に関わっていたからです。つまり,刑事罰に加えて課徴金をも持ち出すことは,憲法上の二重処罰の禁止原則に抵触しかねないし,行政機関が刑事罰類似のサンクションを課するためには,それに相応した手続保障が必要になる(後で行政法の仲野君にたずねたところ,独禁法では,高裁レベルで公取委の決定が覆される例が結構あるらしい)。それらの論点をクリアできるかどうか不明だったため,独禁法改正論議で見通しが付くかどうか待っていたのです。

ところが,独禁法の改正の方は,日本経団連による組織だった反対キャンペーン(+α?)によって,改正の実現が怪しい状態になってくる。ここから先は想像ですが,それを見たFSAは,このままでは改正の実現が危ないと考えたのでしょう。そうなると,政治手腕がほとんどゼロの公取委と異なり,大蔵省から分かれてきたFSAですから,根回し等の政治手腕は霞ヶ関の中でも上位に入るはずです。誰とどのような交渉をしたのか分かりませんが,国会を通りそうな妥協点を見つけ出したのが(範囲の他にも,何%に落とし込むか,とか),ああいった形になったのでしょう。この辺りの調整過程では,おそらく,金融審はほとんど関与していなかったと思われます。

そういった妥協の産物でできたいかにも中途半端な立法ですが,僕は,それでも,ないよりはあった方がましで,中途半端な点はこれからの議論で再度修正していけばいいのだから,大きな前進だと思っています。とりあえずの突破口は開かれた,という点に意義を見いだすわけです。

ちなみに,FSAでの議論開始時の研究会で,「憲法とか刑法とかの議論は,あまり慎重になりすぎる必要はないのでは? FSA(SESCだったっけ?)が課徴金を課して,それが100%なり90%なり,その後の裁判所レベルで認められることを要求する必要はない。あまり神経質にならず,とりあえずFSAレベルでは課徴金をぼんと課しておいて,その後,行為者が裁判所に訴えて50%が裁判所で覆される,という建付でもいいのでは? その方が,裁判例もたくさん出てきて,公法学者の飯の種が増えるでしょう」と,極論を吐いてみたのですが(最後の一言は,「課税逃れの技術が発達した方が,租税法学者には飯の種が増えてうれしい」という中里先生のせりふを意識),政治的には,多分そんなのとうてい無理だったのでしょうね。

ソスソスソスeソスソス hatsuru : 2005年02月01日 07:05

ソスgソスソスソスbソスNソスoソスbソスN

ソスソスソスフエソスソスソスgソスソスソス[ソスフトソスソスソスbソスNソスoソスbソスNURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/191

ソスソスソスフソスソスXソスgソスヘ、ソスソスソスフエソスソスソスgソスソスソス[ソスソスQソスニゑソスソストゑソスソスワゑソス: securities regulation:

» [law]課徴金と二重処罰の禁止 from bewaad institute@kasumigaseki
branchさんやpre-juristさんの後追いですが、証取法のディスクロージャー違反(継続的開示における虚偽記載)に対する課徴金制度が、内閣法制局の反対で政... [ソスソスソスソスソスソスヌゑソス]

ソスgソスソスソスbソスNソスoソスbソスNソスソスソスソス: 2005年05月17日 18:20

ソスRソスソスソスソスソスg

ふむふむ、非常に良く分かりました。法律改正が理屈だけではできないことは承知しています。が、何分、軽率な性分なので、しばしばああいうことを言っちゃいます。許してくださいませ。

なお、私個人は、もりたさんのこの記事の最後の段落のご発言にまったく賛成です。

ソスソスソスeソスソス いとうY : 2005年02月01日 08:24