<< OI museum 6 | Main | security design >>

2005年02月12日

Chinese New Year

台湾人JSD生から,旧正月のお祝いパーティに招待されたので,手みやげをいくつか。

まずは,蛋黄酥:
TanFanSu.jpg
1月初めからつけ込んでいた自家製塩蛋とうずら豆で作った自家製の餡を使用。以前,パート・フィユテは作らないと書いたけれど,中華版パート・フィユテに該当する油酥皮に手を出してしまった。けれど,これはパート・フィユテよりは簡単。層状のパイって,こういう風に作られるのか,と作りながら感心。ちょっと固くなってしまった。

もう一つは,Caprese:
Caprese.jpg
小麦粉が一切入らずアーモンドプードルだけで作るイタリアンチョコレートケーキ。元レシピには「秘伝」と書いてあったけれど,よくよく読んでみると,チョコ味カトル・カールの小麦粉全量をアーモンドプードルに変えただけ。元レシピはベーキングパウダーを入れているけれど,カトル・カールなら,きちんとバターを泡立てればぺーキングパウダーはいらないはず,と抜いて作ったらちゃんとふくらんだ。
ちなみに,不思議なことに,Hyde Parkでは,ベーキングパウダーは入手できず,ベーキングソーダ(炭酸水素ナトリウム)しか売っていない。違いはアルミ系の安定剤が入っているか否かだけなので,気にせず置換して使っています。NaHCO3は,USでは掃除や食器洗いにも使うので,安く大量に売られている。試しにいろいろ振りかけてみると汚れがよく落ちるので不思議。

ソスソスソスeソスソス hatsuru : 2005年02月12日 07:17

ソスgソスソスソスbソスNソスoソスbソスN

ソスソスソスフエソスソスソスgソスソスソス[ソスフトソスソスソスbソスNソスoソスbソスNURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/210