<< re: banana chocochip cookie | Main | Strict HTML/CSS >>

2004年12月18日

1st

できたー!! (←ビストロSMAP風(水町さんに教わった)に)

とりあえず,第1回のためのpower pointです。「こんなんでいいのか」と自分で思っているのは:
- 長さ
- 内容

長さについては,56枚と,枚数だけ数えると結構あります。普段,僕が東北大の1時間30分の講義で使うスライド枚数が20枚前後(2コマ連続でやると40-50枚)なので,2時間のseminarには多すぎるようにみえるかもしれません。が,スライドの作り方が違う。日本でスライド使うときは(授業でも学会報告でも),スライドには要点だけ個条書きのように書いておいて,残りはアドリブで適当にしゃべるのだけれど(講義でも学会報告でも,いわゆる講義ノートは見ないでスライドだけ見ながらしゃべる),さすがに英語でそういうことはできそうにもないので,相当部分説明的にスライドを作っているため,この長さになります。
しかし,質疑応答のことを考えると,やっぱり長すぎるかもしれない。結局,経験ゼロなので,感覚が全くつかめない...

内容については,「いい加減」の一言(笑)。何せこの分野,ほとんど先行研究なし。だから,「reading assignmentとあんまりかみ合ってないじゃないか」という批判も多分来るだろうなぁ。そしたら「seminarの時間が限られているから,assignmentでいろんな文献を読んでおくことは,日本法の理解を深めるのに役立つ」という「正論」を吐いてかわすつもり(笑)。
前に何度かこのブログでも書いた政治学的・行政学的分析(まっきーからアドバイスを受けたもの)のアイデアをそのまま出しているので(ぱくらないでください...けれど,「そのアイデア面白い。共同で論文書こう」という人がいたら大歓迎。というか,こんなテーマで論文書きたいと考えるの,僕くらいか),基盤は相当もろい。突っ込まれたら,「でも,work in progressだから,許してくれい。君も考えろ。」で逃げようかと(笑)。ただ,本当に建設的な批判が出てきてくれたら,それはそれでとても嬉しい。
他の改善点としては,questionが少ないことだけれど,これは,先行研究ない分野だから,まずはこちらからプレゼンせねば,というところがあるので,仕方がないかもしれない。

にしても,最近,口から出まかせモードに頼りすぎな気が:
木曜日に,Law Schoolのfaculty & staffのためのholiday partyがあったのだけれど,そのときに同席したadrian(公法系専門)から,「日本で最近,学校での国旗掲揚を義務づける法律ができたそうだけど,どういうこったい」と聞かれて,アメリカと日本での国旗に対する考え方の違いを説明したら,「でも,何で数の上では少数派のright wingの意図に従った立法ができるんだ?」と聞かれたので,とっさに「right wingとjapanese mafiaとLDPとがcoalition組んでるから,数の上では少数でも通るんだよ」と言ってしまった。納得してくれたみたいだけれど,そんな説明でいいのか,おい。

ソスソスソスeソスソス hatsuru : 2004年12月18日 07:53

ソスgソスソスソスbソスNソスoソスbソスN

ソスソスソスフエソスソスソスgソスソスソス[ソスフトソスソスソスbソスNソスoソスbソスNURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/133

ソスソスソスフソスソスXソスgソスヘ、ソスソスソスフエソスソスソスgソスソスソス[ソスソスQソスニゑソスソストゑソスソスワゑソス: 1st:

» [研究]国務院と内閣法制局 from フランス公法学研究日誌
ということで、国務院という呼称を使用してみます(昨日の日記)。今日の報告は、時間の都合上来週に延期となりました。もとはといえば先週に予定されていたものなのですが... [ソスソスソスソスソスソスヌゑソス]

ソスgソスソスソスbソスNソスoソスbソスNソスソスソスソス: 2005年01月17日 15:07

ソスRソスソスソスソスソスg

おつかれさまです。
とりあえず、無責任に「長さ」だけ考えると、少し長すぎるのではないかい、とも思えます。
PPT使いまくりの講義をするLaw & Economics、Prof. Ulenでさえ、1時間20分の講義で、20〜30枚だったぞ。しかも、30枚のときは途中だいぶはしょっていた。セミナーで議論をする前提だと、なかなか時間繰りが厳しいかもしれないね。
でも、とにかくいずれにせよ、よく頑張った!お疲れ様です。

ソスソスソスeソスソス cramdown : 2004年12月19日 01:33

だんきゅぅー!(←突然オランダ語)

やっぱり長い?
1時間20分の講義で20-30枚というのは,僕が日本語でやるときとほぼ同じです。でも,それは,前に書いたように,口頭で補いまくって――例えば,具体例とかロジックの詳細な展開とか――そうなるんだよね(単純計算で1枚5分)。これみたいに限りなく読み上げに近いPPTだと(1枚1−2分?),どうなんだろうかというのが見えないところ。まあ,データだけ入れているところ(159国会←自分で手作業で数えた(笑)とか)は,一瞬で終わるし。

でもまだ,これが1回だよ。後8回分ある。1回分作るのにだいたい2日かかっているので,quarterの始まる1月3日までにできるだけがんがん進めておかねば...

――「5F=-15C(体感温度-24F=-33C)ってどういうもんよ」を体験するために,日曜日だというのにわざわざLSまでちゃりで来てみたもりたより(→向かい風でなければ何とかなるじゃん,というのが実感)

ソスソスソスeソスソス hatsuru : 2004年12月19日 08:12

確かにやってみないと分からないよね。
しかも、参加者がネイティブであることを考えると、生徒は一目見て内容の検討に入れるだろうから、さくさく進んでも問題ないとも言える。
しかし、このペースで作っていくのは、大変だよなあ・・・。まじでお疲れ様であります。

寒さで、鼻水が意志と関係なく垂れなかった?

ソスソスソスeソスソス cramdown : 2004年12月21日 01:29

今日,アメリカに来て初めて髪を切りに行ったら,微妙に切られすぎたので,風邪を引かないかと心配中。
日本でも,2-3カ月に1回しか髪を切らないから,いつも「4cmくらい切って」と言っているので,こっちでも同じつもりで,「about two inches」切ってと言ったら,「two inchesにする,んじゃなくて,two inches切る,ってことね?」と確認された後,ばしばし切られて,どう見てもあんた10cm近く切ってるよ,という感じの短さにされてしまった...この寒いのに。

ソスソスソスeソスソス hatsuru : 2004年12月21日 10:19