<< syllabus | Main | good luck? >>

2004年11月18日

comments

「独禁法と証取法」とシラバス案について,JSDのCさんから見てみたいと言われたので,「できたらコメントちょーだい」と添えてファイルを送ったら,独禁法証取法の方にexcellentなコメントが返ってきました(シラバス案の方は「まあいいんじゃないの。健闘を祈る」的な一言。他の人からのシラバス案へのコメントもなぜかほぼ同じ)。ちょっと日本人には思いつかない視点からの突っ込みで,UofCの学生って質が高いなぁ,と感心させられました。もちろん,ちゃんとフォローしての回答を返信したけれど,その中でまた一つ「もりた仮説」をでっち上げてしまったので,論文の(潜在的)ネタがもう一つ増えたことになる。

そう,日米の違いで興味深いのが,この「未定稿を閲覧してコメントを付けあう」という習慣。僕は,日本にいる頃から割とこれを実践してきたのだけれど――メールで送られてきたドラフトには,within a couple of days(これを越えると返事を忘れる)にコメントを付けて返すのを習慣にしていた――,日本ではあんまりないですね。ドラフト送る人も少ないし,送ってもコメントは返らない。既に80ダウンロードを越えている独禁法と証取法にコメントくれたのは,今のところ東北の同僚2人だけ。MH Libraryも,ダウンロードはあるし引用もされるのだけれど,コメントはこない(読まれているだけよしとすべき? コメントを「求める」のは確かに傲慢だけど,確率的にいって1つも来ないのはちょっとさびしい)。忙しいからなのか(=僕が暇なのか)どうか分からないけれど,ドラフトにコメントを付けてくれる人はだいたい決まっている。経済学者・東北の同僚スタッフ・F先生・同期+1以下の方々あたり。これに対し,「こいつは絶対コメントしない」という人もいて,実は札幌マダムがそう。同期なのに...
いずれにせよ,こういう習慣は日本では稀で,むしろよく見られるのは「抜き刷りを送りあう」という習慣の方。しかし,抜き刷りを送られても,「大量のコピーの手間が省ける」「書類の山に埋もれて行方不明になりにくい」ということ(いずれも結構重要)以外にはさほどありがたみがない。
「この人からはかなりの確率で抜き刷りもらえる」と予測できる場合にはあらかじめコピーしないでおくのだけれど,重要だと思った論文は抜き刷りもらう前に自分でコピーしてしまっているし,そうでない論文(当面関心がない分野の場合と使えない論文の場合)は基本的に積ん読になる(ただし,会社法・手形法などの場合は,講義ノートのアップデートに活用する)。研究者に成り立ての頃は,抜き刷りもらえると常に感動したけれど,最近は感覚が麻痺してきたのか,こういう風に「合理的」に感じるようになってしまいました。とはいえ,抜き刷りくれる人は皆「これを渡せば喜ぶだろう」or「できたら読んで欲しい」と思って渡しているはずなので,対応は次のようになります:
1. 面と向かって手渡された場合
→本当にうれしい場合はもちろん,たとえそうでない場合であっても,うれしそうな振りをして(心の中では「いらねー」とどつきつつ)恐縮して受け取る
2. 郵送されてきた場合
a) 本当にうれしい場合・知人からの場合・内容的によさげな場合
→その日のうちに(←こうしないと忘れる),「受け取りました。ありがとうございます。勉強させて頂きます。」というメールを書く。たまに忘れて,2.b)と同じ結果を導いてしまうことあり
b) 知らない人からで,かつ,内容的に大したことがない or お近づきになりたくない(e.g.,邪道先生)
→黙殺する(このブログを読んでいる人の中で,このカテゴリに入る人がいたらごめんなさい)
こういう風に,未定稿の場合と違って,抜き刷りの場合は「コメントを付けて返信する」というオプションが基本的にないんですね。既に公表されたものにコメントしても,それが改善されるわけではない。未定稿だからこそ「昨日の僕は今日の僕ではない」の余地がある。
僕がコメント付けたのは,神戸学院に行った直後に岡田先生から送られた抜き刷りに対して訪問のお礼の意味を込めてコメントを付したとき,立命館の中村さんからの抜き刷りに「記憶が欠落していて申し訳ないんですが,ひょっとして○○のときにお会いした人ですか?」というメールでお詫び(ごまかしとも言う)としてコメントを付したとき,の2回くらいじゃないだろうか。

ソスソスソスeソスソス hatsuru : 2004年11月18日 06:51

ソスgソスソスソスbソスNソスoソスbソスN

ソスソスソスフエソスソスソスgソスソスソス[ソスフトソスソスソスbソスNソスoソスbソスNURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/101

ソスRソスソスソスソスソスg

だって、はっちゃんのホームページからダウンロードするの、難しいんだもん。(とはいえ、ダウンロードできたとしても、積極的にコメントできるかどうかは疑問符が5つぐらいつきそうだが)

ソスソスソスeソスソス くぼ : 2004年11月19日 19:12

難しいって,TeXのDVIのことですか? あれは,以前に黒沼先生にも言われたのだけれど,日本でTeXを普及させるため,という戦略的な理由(?)です。少なくとも,僕が学部生の頃のMS-DOSバージョンやUnix(Linuxのrpmやaptではなく)バージョンのものに比べれば,何十倍かインストールは楽になっていると思うんですけれど。

ソスソスソスeソスソス hatsuru : 2004年11月20日 07:52