<< Weekend Patissier | Main | Breakfast Muffin >>

2004年10月24日

「田舎の特権」

「元クラ」(=駒場の1・2年生時に語学のクラスが同じだったやろーども)の知人が,University of Illinois Urbana-Champaign Law Schoolから,Chicagoで派遣元のinterview(というか「ちゃんと勉強してるかチェック」)があるというので,うちに泊まりに来ました。
このUrbana-Champaign,去年の夏に僕がいたWisconsinのMadison並のど田舎で,宿泊費代わりの手みやげが「田舎の特権」こと,土曜日朝のFarmers' Marketで取れたての野菜(笑)。ネギ・カブ・ジャガイモ・フェンネル等々。
その中で,ちょっとびっくりしたのがフェンネル。日本で使っていたのは,魚の臭み消し用(←仙台で今の季節だと,秋鮭のマリネ作りかな)に,ふわふわした葉っぱのところを使う,という感じだけれど,持ってきてくれたのは,まるでセロリのような太い茎。知人曰く,「売っている人に聞いたら,まさにセロリのごとく食べるらしい」。試しにちょっとかじってみたら,茎には,葉ほどの香りはなく,ほんのりした甘みがある。

ソスソスソスeソスソス hatsuru : 2004年10月24日 12:50

ソスgソスソスソスbソスNソスoソスbソスN

ソスソスソスフエソスソスソスgソスソスソス[ソスフトソスソスソスbソスNソスoソスbソスNURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/84