<< attorney from jpn | Main | Midterm >>

2004年10月27日

statistic package

GSBの授業のために使っているMINITABの30日トライアルバージョンの期限切れが後4日に迫ってきて,どうしようか悩み中。MINITABのフルバージョンをChicagoにいる間に買うと,アカデミックで100ドルで買えてお得ではある。MINITABは,確かに,企業の意思決定とかコンサルとかで世界中で使われているのだけれども,Rと比べていて,計算精度がいまいち(数字を丸める桁数が小さい)。
この前,ゼミに来ていたNorthwesternの先生は,「みんなSTATAというソフトを使うんだ」とのたまっていたけれど,STATAは高い。こっちでSTATA/SE8を買うと,$745。日本で買うと10万円以上するから,それよりは安い。
日本に戻れば,SPSSとSASが自由に使える環境になるけれど,個人ユースでの使い勝手という点では,STATAの方がいいとも聞く。オプション買わずに一通りの統計分析ができるから。もっとも,STATAは政治系にコアな信奉者が多く,日本ではSPSSが一般的には人気があるらしい。SPSSは,こっちでは,12ヶ月レンタルで$130で微妙なお値段。うーん,STATAを買うにしても,日本に帰って何か研究費をもらってその助成で買えば,お値段はindifferent(笑)。
それまでは,MINITABほど直感的な操作ができず(つまりCUIなコマンドベース),使い勝手は微妙に悪いけれど,GNUなRで頑張ろうかなぁ。ネットで検索したら,結構解説ページもあるし(←Free Softwareのいいところ)。今までも,MINITABと並行して使って,だいぶ慣れてきたから,その分の労力を無駄にするのももったいない。

ソスソスソスeソスソス hatsuru : 2004年10月27日 18:44

ソスgソスソスソスbソスNソスoソスbソスN

ソスソスソスフエソスソスソスgソスソスソス[ソスフトソスソスソスbソスNソスoソスbソスNURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/87