<< annual conference | Main | Lake Shore Fall 3 (revised) >>

2004年10月11日

Cann't agent's utility be negative?

というのが,さっきのHarrisのEconomics of Informationのセミナーで話題になってました。
外部賃金(←IR)H~をゼロにしたら,optimalな賃金契約の下で,agentの期待効用がゼロになるね,という話をしていたら,学生の一人(多分EconのPh.D. candidate)が,「それだと,agentがoptimalな努力水準以外を選択したときにagentの期待効用がnegativeになって,そんなことはあり得ない,というか,するインセンティヴがない」と言い出して,Harrisが「うん,なるほど」と言い出してしまいました。
別におかしくはないと思うけれどなぁ:均衡では,IRがバインドするから,そうなるのは当たり前で(別にH~=0でなくても,同じ状況は発生する),後はagentのutilityをそうdefineしただけ(言い方を変えれば,normalizeしただけ)の話だと思うんですが。
と発言したのだけれど,Harrisは,「次回までに考えてくる」。それでいいのか(笑)。

ソスソスソスeソスソス hatsuru : 2004年10月11日 12:25

ソスgソスソスソスbソスNソスoソスbソスN

ソスソスソスフエソスソスソスgソスソスソス[ソスフトソスソスソスbソスNソスoソスbソスNURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/71