<< an error | Main | breakthrough? >>

2004年10月31日

Baguette

今日からsummer time終わりということで間違って早起きしたがために(←別に論理的につながっているわけでない),今週は,バゲット。
baguette1.jpg
見た目は,クープがうまく入っていないところを除けば,結構いい感じで,クラストはパリパリに焼き上がっているんですが,問題はクラム(中身)。日本のパン屋さんで買うもののように,不揃いの気泡がたくさん入っていてふわふわしているのではなく,均一で細かい気泡になってしまっていて,しまり気味である。この前作ったベーグルをわずかにふわっとさせた感じ。確かに材料はほとんど変わらないんですが。小麦粉はどうせ1種類しかないし。皮のパリパリは,簡単にできる(要は,高温で一気に焼成)のだけれど,中身は難しい。
物の本(正確にはネット)によると,「おいしいバゲット」を作るためには,5時間以上かけて発酵・熟成させなければいけないらしい。そんなことができるほど暇なわけない。そこで,食べながら一つ思いついたアイデアは,1次発酵後,ガス抜きをして2次発酵をするのではなく,1次発酵の前に成形し,1次発酵後,一気に焼く。ガス抜きは,気泡を均一化する役目があるのだけれど,そのまま一気にやってしまえば「不揃いな気泡」はできるかもしれない――熟成による風味には劣るだろうけれど。

ここまで,ベーグル・バゲットと作ってきて,あと食べてみたいのは,もちろん(?)クロワッサン。ベルギーのMiaさんのB&Bの朝食に出てくるような「焼きたて絶品クロワッサン」は,こちらでは望むべくもないので(こっちで出てくるのはへたってべちょっとしたクロワッサンもどき),何とかしたいのだけれど,さすがにあのバター折り込みはチャレンジする勇気がない。折り込みパイ生地(pate feuille)も同じ理由でチャレンジする気が起きない。そう考えると,逆さ折り込みパイ(生地の中にパターを折り込むのではなく,バターで生地を挟んで折り込んでいく:pate feuille inversee)でパイを作る多賀城のケーキ屋さんSHISEIDOには,頭が下がります。

ちなみに,先週,Champaigneから持ってきてくれた野菜のうち,カリフラワーは,迷ったあげく,キッシュもどきとなりました。「もどき」なのは,パイ生地を作るのが面倒だったため,フライパン毎オーブンにつっこんだため。ダイナミック・キッシュとでも呼ぶべきか(笑)。

ソスソスソスeソスソス hatsuru : 2004年10月31日 07:43

ソスgソスソスソスbソスNソスoソスbソスN

ソスソスソスフエソスソスソスgソスソスソス[ソスフトソスソスソスbソスNソスoソスbソスNURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/90

ソスRソスソスソスソスソスg

とても美味しそうなパンですが満足のいくパンを焼くとなるとやはり手間隙かかるんですね。でもパンを焼いたことのない私からすればパンを焼けるということだけですごいですが・・・私も焼いてみたいですけど部屋のオーブンの使い方が分からない・・・

ソスソスソスeソスソス Yuriko : 2004年10月31日 17:22