« Zhujiajiao | メイン | eating Shanghai 4 »

2018年07月15日

Shaoxing rice wine

豫園の南側の光后街に,紹興酒の量り売りの店があると聞いて,出かけて見るの図:

観光客向けの豫園老街からちょっと外れると,こんな地元民向けの町が広がる。そしてその中に,あった:

店内:

安いのは3.5元/500mlくらいからあるけれど,せっかくここまで来たのだからと,店内で一番高価なものから順番に3つ買う:


一番高いと言っても,58元=1000円弱。安い3.5元のだと60円弱。25年ものなんて,空港や普通の酒屋では買えないだろうから,まぁいいお土産になる(我が家で酒飲みはいないので,全て他の人へのお土産)。

ところが,ホテルに帰って並べてみたところ:

おい,一番高価な25年ものだけ,やけに量が少ないwwwwwwwwwwwww おばさん,せこいぜwwwwwwwwwwwwwwww
まぁ,これも量り売りの醍醐味なのかもしれない?

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/3958

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)