« good bye prof Inaba | メイン | marches in Paris »

2018年03月17日

patisseries in Paris

パリのお菓子屋巡り。

まずは,ホテル近くのPâtisserie du Panthéonにて:

ミルフィーユの最後の1個を自分の前のおっさんに買われてしまったのでorz,代わりに,地元の名前のついたPave du Pantheon(パンテオンの石畳?)とパン・オ・ショコラ。

paveの方は,ダックワーズでバタークリーム(コーヒー味とナッツ)をサンドしたもの。バタークリームが上手に作ってあって軽くておいしい。パン・オ・ショコラも,さすがにチョコ部分がおいしい。

も一つ,こちらもホテル近くのcarl marletti

ミルフィーユが再び売り切れ中だったのでorz,タルト・オ・シトロンとマリー・アントワネット:

タルト・オ・シトロンは,酸っぱい!甘い!というインパクトのある味。タルト部分は,さすがにすごく上手に作られている。自分ではここまでできないな...
すぱらしかったのは,マリー・アントワネット。フランボワーズの大きなマカロンで,フランボワーズとローズの香りをつけたカスタードクリームが挟んである。フレッシュでフランボワーズの酸味が最高においしい(←このタイプ好きよね,と相方が笑っていた)。ここ数年で食べたケーキの中でNo.1の好み。ここは,ぜひ他のケーキも食べてみたいな...

おまけに,Poilaneのサブレ:

面白いのは,濃い色から薄い色までバリエーションがあること。濃い色の方が甘いかと思いきや(∵砂糖が入っていると焦げやすい),その逆で,薄い色の方が甘みが強く,濃い色の方がさっぱりしている。人によって好みは変わるだろう(僕は薄い色,相方は濃い色が好みなので,争いにならないw)。材料はシンプルに,小麦粉・バター・砂糖・卵だけで,いい材料を使って丁寧に作ると,こんなにおいしくできるんだ,と感心する。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/3880

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)