« Orsay 2 | メイン | good bye prof Inaba »

2018年03月15日

boulangeries in Paris

パリ滞在中は,パンの食べ歩き。

まず,ホテル近くのLe Fournil de Mouffetard

バゲット,クロワッサン,ショーソン・オ・ポンム:

このほか,帰りにはバゲット上位版La pureとコンプレを入手。

クロワッサン(゚д゚)ウ-(゚Д゚)マー(゚A゚)イ-…ヽ(゚∀゚)ノ…ゾォォォォォ!!!! ショーソン・オ・ポンムも酸味の強いリンゴゴロゴロで(゚д゚)ウマー バゲットも安くて(どの店でも1.1euro)おいしいし,日本に持って帰ったコンプレもおいしかった。

続いて,パリNo.1とも言われるDu Pains et Des Idees

クロワッサン(どの店でも1.1euro)とパン・オ・ショコラ(どの店でも1.5euro):

パン・デザミ:

「栗のような香りがする」と言われるとおり,不思議なパン。お値段は張るけれど,すぱらしくおいしい。

ホテル近くの素朴なお菓子屋Pâtisserie Viennoise

クロワッサン:

オサレな感じではないけれど,パティスリーらしく甘みのあるクロワッサンで,これはこれで面白い。

2016年バゲットコンクール第1位のBoulangerie La Parisienne

バゲット,La Parisienne(バゲット),クロワッサン:

クロワッサンは,今回食べた中で一番のおいしさ。パリパリで(゚д゚)ウマー。クロワッサンランキングは,La Parisienne > Fournil de Mouffetard > Du Pain et Des Idees > Viennoiseってところかな(上位3つは人によって順序が異なるかも)。
バゲットでは,普通のバゲット(1.1euro)もおいしいけれど(食事パンとしては素晴らしい),高級版(1.2euro)のLa Parisienneがうまみが強くて素晴らしい。うまみが強すぎて,食事パンとしてはいかがなものかとなってしまうけれど,そのまま(あるいはバターをつけて)で食べるには最高。

最後に,サブレで有名なPoilâne

パン・ド・セーグル:

ずっしりと重い。ライ麦パン(゚д゚)ウマー

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/3878

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)