« the day before the beginning of spring | メイン | kumi-shoku »

2018年02月03日

fortune

Mさんから,鶴屋吉信の福ハ内をいただくの図:

白餡を,黄身を使った桃山で包むという,あちらこちらの地域の郷土和菓子でよくありそうな構成ながら,すっきりしていておいしい。このタイプのものは,もはや飽きていたと思っていたので,びっくり。最近の物にありがちな,バターや練乳を入れてコクを出すといった小細工をしてないのもいい感じじゃないかと思う。

どうもありがとうございました。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/3851

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)