« obon | メイン | eating Auckland 3 »

2017年08月20日

seseragi

Iさんから,AT君経由で,美濃忠の「せせらぎ」をいただくの図:

開けてみると


おぉ,ふつくしい。

やや固めの琥珀羹もいいけれど,餅米なところが特においしい。餅米で羹を作るとはおもしろいし,琥珀羹との境界が,きれいでなくグラデーションになっているところが不思議。

大変おいしうございました。どうもありがとうございました。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/3749

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)