« akayu | メイン | festschrift »

2017年01月29日

usubeni

Mさんから,末富うすべにをいただくの図:

箱に入っていた説明書には「お茶を邪魔しない」と書かれていたので,賣茶翁のみちのくせんべいみたいなものかなーと思ったら,案外味が強い。周りの煎餅生地が軽やかな点は同じ発想なんだけれども,梅肉が挟んである。とはいえ,この梅肉フィリング,がっつり酸味と甘みがあるわけではなく,穏やかな味にしてあってバランスはよい。まぁ,フィリングの酸味に合わせるために,煎餅の表面に砂糖がついていてバランスがとられているので,全体としてはバランスがよい。

口に入れる前の予想とは違ったけれどもこれはこれで,おいしいしセンスがいい。ありがとうございました。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/3624

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)