« obon 2 | メイン | end of summer »

2016年08月20日

rye breads

以前,ドイツでげっつしてあったRoggenmehlを使って,ライ麦パンを焼いてみるの図:

奥の小さいのがライ麦100%,手前の丸いのがライ麦50%・小麦粉50%。

さすがにみちえ師匠のようにザウアータイクから起こすのは面倒なので,ドライイーストでやってしまう手抜き法だけれども。
確かに,みちえ師匠の言うとおり,こねてもグルテンが全然出ず,手につきまくって大変だし,成型もしようがない。発酵自体は,夏なので,冬場に作るStollenとは違って大変楽だけれども(タルトとはちょうど反対だ)。

で,お味の方は。

ライ麦・小麦粉半々のカンパーニュタイプのものが,すぱらしくうまい。小麦粉のほうは,日清のパン専用小麦粉を使っていたので,そのせいじゃないか,と相方も言うけれど。じゃあ今度は,比較のために,小麦粉をカメリアあたりに変えて作ってみるかな。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/3527

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)