« yagiyama zoo | メイン | Supreme Court »

2015年10月17日

IISL colloquium

人生2度目のイスラエル,ってことで,IAC2015 Jerusalem - IISL Colloquiumに参加してきました:

前回のテルアビブと違って,今回はイェルサレム(←確か日本政府は違法占領として,首都として認めてないはず)。

で,到着した当日(13日)に,路線バス内で銃乱射があったりバス待ちの列に車で突っ込んだりと,なかなかあつい状況になっていて,相方からもこんなときにイェルサレムに行ってるなんてどーよ,と言われたのだけれど。

パレスチナ人が,僕のようなアジア人をターゲットにしてテロを起こすことには合理性がないので,やられるとしたら巻き添え。パレスチナ人は,イスラエル人が集まっているところでテロを起こす傾向があるので,人混みに行かないというのが,最大の対処方法ということになる。

多分,パレスチナ人地区に入り込むのは,ChicagoのHyde Parkから55番のバスに乗ってMidwayに行くのと同じような感じなんだろーなーと思う(←白人の方々は「怖くてとてもできない」という人が多いけれど,僕は結構平気)んだけれど,こんな感じの暴動鎮圧に巻き込まれて流れ弾に当たってもなー,ということを考えて,自粛。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/3336

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)