« epilepsy | メイン | origami »

2015年07月05日

ikeda

昨日は,相方がkazunori ikedaのケーキをお土産にげっつしてきてくれた。

レモン系:

南町通のお店もいつもお客がたくさん入っている人気店だけあって,見た目はとても美しい。

ピスタチオにフランボワーズのムース:

サンマルク:

マンゴープリン:

お値段を考えてもいい材料を使っていて,とてもおいしいのだけれど,やはりterrace Lに比べると,完成度というかバランスに今ひとつまとまりを欠いている感じがしてしまう。
最初のレモン系ムースは,もうちょっとレモン味のインパクトを強くしてほしいなぁ(これは僕がフランスのムース・オ・シトロンに毒されているからかもしれない)とか,中に入っているナッツのローストをもっと強くしてほしいなぁと感じてしまう。
ピスタチオとフランボワーズのムースも,ムースに比べると側のピスタチオ(のホワイトチョコ)が固すぎてやや食べにくいし,そこに入っているプラリネ(このアイデア自体はとてもいい)の量がもっと多い方がムースとのバランスが良くなるんだけどなぁ,と思ってしまう。
その辺,伝統菓子のサンマルクやマンゴープリンは,素材の良さが前面に出るので,安心できるおいしさになる。せっかく高い値段をつけてるんだから,オリジナル菓子にもうちょっとまとまりと丁寧さがほしいなぁと感じてしまうのです。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/3273

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)