« crab | メイン | duty of care »

2015年04月05日

a tale of causal inference

朝市で,ニラを大量に購入(だいたい10把で100-200円)した場合,我が家では冷凍保存するのが習わしになっている。

んで,ニラを冷凍庫に入れたのだけれど,冷蔵庫の方がやけにニラ臭い。何でだ,冷蔵庫と冷凍庫がつながっているのか?という騒動に。

ところが,よくよく考えてみると,同日,朝市のキムチ屋さん(確か,名取か岩沼の方に本店があるお店)で,おいしいかどうか,試し買いしたのも冷蔵庫に入ってた。どうやら,こちらが臭いの元だったと判明。

というわけで,同時に変化した変数が複数あると,因果関係のidentificationができなくなる,という典型的なお話だったのでした。

で,ちなみに,試しに買ってみたキムチの味はというと,確かにいろいろ入っていておいしいキムチなんだけれど,いかんせん,砂糖を加えて甘くなりすぎている。韓国で購入するキムチは,甘くなくて乳酸発酵の酸味があっておいしいのに,何で日本で売っているキムチは,こうも砂糖を加えてしまうんだろーか。日本のマーケットだと,砂糖の入った漬け物しか売れないのかもしれない。だとすると,我が家のニーズの方が少数派で,漬け物は今後も自作するしかない,ってことになりそうだ。
とりあえず,我が家の嗜好とは合わないので,このお店をリピートすることはないだろう...

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/3214

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)