« rotten apples | メイン | TJ chocolate »

2015年02月26日

valentine's day

今年の相方からいただいたチョコ。
Olivier Vidal

ナッツ系のプラリネが多いけれど,セージ・レモングラス・フランボワーズ・グレープフルーツあたりが面白い。スペキュロスは,ちょうど年末に作ったばかりだったので,あぁ,あの味ね,と感心。ショコラティエのチョコは,はっきりと「何の味か」が分かるところがすごいね。

Christian Camprini:


味の鮮烈さという点では,Olivier Vidalよりもこちらの方が上。レモン・ライム・マンダリン・パッションフルーツなどが強烈で,これが今回の一番かな。

CACAO SAMPACA:

a href="http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/hop/images/akayu2014-37.html" onclick="window.open('http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/hop/images/akayu2014-37.html','popup','width=1024,height=768,scrollbars=no,resizable=no,toolbar=no,directories=no,location=no,menubar=no,status=no,left=0,top=0'); return false">
ボンボンのためか,普段食べ慣れているヴァローナのフェーヴに比べると,カカオの味のダイレクトさが薄まっているけれど,どれもそれぞれに特徴がある。エクアドルが一番好みかな。

ごちそうさまでした。<(_ _)>

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/3190

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)