« re: chinese cabbage | メイン | donto »

2015年01月11日

kaminoyama

上山温泉に行ってきました:

上山城を望むの図:

まずは下大湯:


とても風情がある外観で期待できる。温泉の方はかなり熱めのお湯だけど,掛け流し(多分)でとても新鮮な温泉でいい感じ。まるで在りし日の銭湯のように,女風呂との境の壁には,蔵王の御釜と上山城の絵が掛かっている。2Fは,昔の宴会場のような感じの休憩所になってる。
外は雪が積もって(だって冬の山形だし)寒いんだけど,湯温が高いせいか,全然湯冷めしない。すぐ横にある観音寺に立ち寄ってみる:

まるで,大雪の日の川内キャンパスのようだw

ちょっと登って,湯町の旅館街。古い感じ(銀山とか鎌先にありそう)の旅館が残ってる:

これに対し,新湯の旅館街は,基本的にもっと近代的なホテルが多い。
湯町の源泉,鶴の休石:

隣には,薬師如来の手水鉢が温泉になってるw:

こちらは,湯町の共同浴場。なんと,午前8時から午後2時までしまってる。地元民しか来るなーって感じに近い:

ここ湯町と新湯の間には,武家屋敷が続く。といっても,金沢とか角館みたいな築地塀が続くわけではなく,生け垣(+場合によっては低い石垣)が並ぶ道:

この家は,黒竹でかっこいい。
こちらは,三輪家住宅。武家屋敷は,基本的に曲屋なんだけど,南部農家のように馬を飼っているからではなく,的が入ってきたときに2つの武家屋敷で組になって十字砲火を加えるためだった,という:

そしてこちらが,新湯の共同浴場:

ちょっとこれは気づかないだろーと思わせるような看板に気づき,家と家の間の小道を入っていかないと見つからない。
うーむ,上山は,一見さんには厳しいな。でも,全体として,雰囲気があっていい温泉です。温泉の質としては,鳴子や山形蔵王みたいにH2Sもうもう,っていうところではないけれども。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/3164

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)