« eating Kaminoyama | メイン | mecabu »

2015年01月21日

defects

今日の環境法ゼミで,民法の瑕疵担保責任の解釈が問題になって。

「瑕疵」について,客観説を採るのか,主観説を採るのか,という点なのだけれど,客観説を採用した場合,「目的物が通常有する」という部分をどう解釈するかで,両者の違いってほとんどなくなりうるんじゃ,って議論になった。

つまり,「目的物」の範囲を,たとえば「土地」というように広く抽象的にとると,確かに客観説と主観説とでは違う。でも,たとえば,「宅地」「宮城県の宅地」「マンション用地」などとどんどん細かく類型化していけば,客観説は,主観説にどんどん近づいていく。だから,客観説を採用した場合に問題なのは,どのレベルで抽象化・類型化を行うのか,という点。

まぁ,個人的には,570条が問題になるのは,当事者の明示の合意がなく,デフォルトルールとしての民法規定ができようされる場面になってくるから,仮定的当事者意思を探求するという意味では客観的でもあり,でも,「その」契約の解釈なんだからと言う意味では主観的でもある,と思うので,主観説とか客観説とか名前をつけることよりも,どういう判断枠組みを採用するのか,っていう実質的な部分の方がよほど重要な希ガス。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/3169

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)