« chinese cabbage | メイン | saitama »

2014年12月15日

murasaki

Iさんから,名古屋の「むらさき屋」の上生菓子をいただくの図:




どれも上品でおいしかったけれど,特に椿のと黄粉のとが良かったです。そば薯蕷饅頭と外郎はそんなにでもw
味の全体的な傾向としては,普段食べ慣れている賣茶翁と比較すると,賣茶翁の方がずっしりとした重さが感じられるのに対し,こちらはやや薄味で,軽やかな感じがする。

ありがとうございました。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/3142

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)