« Highway Fes 2014 | メイン | green tea »

2014年08月26日

red bean jelly

先週末の東京出張で,長門の水羊羹を初めてげっつ。そしたら,Iさんが手土産に美濃忠の水羊羹をくれたでござるの巻:

先日食べた賣茶翁の水羊羹と比較してみる。

まず,美濃忠は,寒天だけでなく葛も入れて固めており,軽い食感。水飴も感じる甘さ。賣茶翁のものに近い透明感があるけれども,賣茶翁の方がみずみずしさでは勝るか。
これに対し,長門は,純粋に寒天ベースで固めてある。美濃忠や賣茶翁とは違って,漉し餡(ただしとても上品に作ったもの)をそのまま流して固めました,という感じで,漉し餡のうまさを直接感じられる。その一方で,美濃忠や賣茶翁ほどのみずみずしさはない。

というわけで,賣茶翁>美濃忠>長門,の順になるけれど,後の二者については,生菓子なのに長時間(なんといっても,研究会の前に購入して,そのまま常温で長時間放置された),という悪条件を配慮してあげないとダメだろうな。

おまけ。同じく東京駅の京葉ストリートの八天堂で,クリームパンもげっつ:

カスタード・生クリーム・金(梅ジャム)。柔らかいパンにシュークリームのような柔らかいクリームを後から詰めたもの,という感じで,確かに普通のクリームパンとは違う。だけど,これならシュークリームの方が,皮との対比ができていいんじゃないか?という気もする。ちなみに,フィリングは,カスタードが一番好みだった(←卵派)。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/3078

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)