« eating Hamburg | メイン | cycle chain »

2014年03月12日

german souvenirs 1

ドイツ土産その1,パン。
食べログみたいなサイトで評価の高いパン屋を探し,アクセスも考えて選んだのが,全粒粉野BIOの店である,Effenberger。Roggenbrot:

Dinkelmischbrot:

名前不明(vollkornっぽい):

このEffenberger,Dammtor店に行ったのだけれど,二人の若い職人さんが大きな生地をこねて焼いてて,なかなかいい感じ。味も,「ライ麦って(゚д゚)ウマー」と感心させる味ですぱらしい。何で日本の黒パンはこの味が出ないのか...

こちらは,IsemarktでみつけたやはりBIOの店。たぶん,Hamburger Schwartzbrotでなかったかと思うのだけれども:

こちらの方が,Effenbergerのものにくらべると,きめ細かい生地になってる。味はEffenbergerの方が好みかな。これだけクープがきれいに入るってことは,そもそも,ライ麦比率が少なくて,小麦粉比率が高いんだろう。

最後に,Hamburg中に店舗がある,チェーン店のDat backhusのLange Reihe店で買ったFranzoesisches Landbrot:

フランス風とはいえ,バゲットというよりはカンパーニュ。小麦51%,スペルツ39%,ライ麦9%という比率だし。小麦粉率が高いだけあって,生地が伸びてクープが入る。ほかのに比べると,焼いた後にしっとりではなくてぱりっとする感じが強くて,「あー,ライ麦じゃなくて小麦だなー」という食感になる。この辺になってくると,ドイツパンぽさはだいぶなくなる。

このほか,FrankfurtでMuensterlaenderも買ったんだけど,これも黒かった。

やっぱり,ドイツパンらしさ(というか日本で食べられない部分)は,その黒さにある感じがして,その辺に魅力を感じるなぁ。そしてこれらのパンに,やはりIsemarktで買ったチーズ(Bergkaese,Nordseekaese,オランダチーズ)をあわせるなり:

Bergkaeseはいつもその土地のを買っているけれど,今回初めてげっつしてみたNordseekaeseは,ウォッシュチーズらしくすさまじくくさいのだけれど,中身はクリーミーでおいしい。が,一番うまみが強いのは,お店のおにーさんがおすすめしてくれたオランダチーズだったりw

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.law.tohoku.ac.jp/~hatsuru/cgi-local/mt/mt-tb.cgi/2976

コメントする

(初めてのコメントの時は、コメントが表示されるためにこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまでコメントは表示されませんのでしばらくお待ちください)